か行 漢方解説

清心丸が無くなった?代替処方を考えてみた

清心丸は中国で人気の処方で、脳梗塞・脳卒中、麻痺、精神疾患や心疾患(動悸)などに使われています。それを日本流に改変したのが、日本で発売されている清心丸。この清心丸ですが、日本では疲れ・気付け・動悸といった穏やかな作用になっています。

こちらで中国と日本の処方の違いを解説しています。

牛黄清心丸、中国と日本とでは違います

「中国と日本とで使い方が違いますよ」という処方が牛黄清心丸。引退の年代になって漢方に興味をもたれた薬剤師さん、その方から ...

続きを見る

長城清心丸と日水清心丸などの違いを表にまとめました

「清心丸」と名前がついていても、処方の内容が会社ごとに違っています。基本的に「牛黄・人参・羚羊角」がメインの生薬になり、含有量で金額も変わってきます。同じ生薬の量なら同じ効果か、というと、やはり製法・生薬の産地もちがってきますので全く同じ効果にならないのが漢方の面白いところです。

用法用量 牛黄 甘草 羚羊角 人参 芍薬 桂皮 価格税抜
1回単価
長城清心丸
アスゲン製薬
廃盤
1回1丸
1日2回
300mg 300mg 270mg 300mg 240mg 180mg 防風・川芎・
当帰・阿膠・龍脳
3300円
日水清心丸
日水製薬
1回1丸
1日2回
248.7 309.6 278.8 309.6 309.6 298.6 防風・川芎・
当帰・阿膠・
茯苓・山薬・龍脳
3800円
胡慶餘堂
牛黄清心丸
一元製薬
廃盤
1回1丸
1日2回
300 300 270 300 240 180 防風・川芎・
当帰・阿膠・龍脳
太上安宮丸
八ツ目製薬
廃盤
1回1丸
1日2回
240 300 270 300 300 240 防風・川芎・
当帰
星火牛黄清心丸
イスクラ産業
廃盤
1回30丸
1日2回
50 300 210 300 240 180 シベット散
防風・川芎・
当帰

生薬量は1丸中(もしくは1回服用量中)に統一しています
※1回単価は用法用量での服用においてかかる金額(概算 2020年)です
※製剤上の添加物(トウモロコシデンプン・蜂蜜・金箔など)は記載していません

胡慶餘堂 牛黄清心丸

胡慶餘堂 牛黄清心丸 現在は廃盤になりました。

清心丸が無くなる?!

日本で販売されている「清心丸」は、今後消えていく運命にあります。理由として、

  1. 牛黄の値上がりが激しい
  2. 羚羊角が入手できない

この2点が考えられます。

原因1:牛黄の値上がりが激しい

牛黄は毎年かなりの勢いで値上がりが続いて、高値で安定しています。牛黄が主薬ですから、抜いて作ることは出来ない、赤字のため製造しなくなった清心丸が増えました。牛黄の純末でも販売価格は1g(1000mg)あたり15000円~20000円なので・・・。他の生薬も加えて練って金箔を貼ってという工程がありますから今後とも厳しいでしょう。

原因2:羚羊角が入手できない

羚羊角は中国から輸入に頼っていましたが、ワシントン条約のため現在はほぼ全面的に輸入が規制されています。今後、日本国内の生薬量が少なくなったら、製造されることは無いでしょう。

よく似た処方、牛黄清心元との違い

牛黄清心丸に似た商品名に「牛黄清心元」があります。日本製薬工業の「妙泉 牛黄清心元」、栃本天海堂の「廣東 牛黄清心元」、明治薬品の「東方 牛黄清心元」と複数のメーカーから販売されていますが、だいたいは下記の処方構成となっています。

牛黄清心丸から牛黄など動物生薬の量が減り「麝香・柴胡」など気の流れを良くしたり補気の生薬が加えられています。

用法用量 牛黄 甘草 羚羊角 人参 芍薬 桂皮 価格税抜
1回単価
長城清心丸
アスゲン製薬
廃盤
1回1丸
1日2回
300mg 300mg 270mg 300mg 240mg 180mg 防風・川芎・
当帰・阿膠・龍脳
3300円
牛黄清心元 1回半丸
1日2回
15 160 108 80 55 65 麝香・茯苓・川芎
桔梗・柴胡・山薬
蒲黄・神麹・阿膠
大豆黄巻・黄芩
麦門冬・当帰
防風・白朮・龍脳
白蘞・生姜・大棗

生薬量は1回服用量に統一しています
※1回単価は用法用量での服用においてかかる金額(概算)です

清心丸の代替処方

牛黄清心丸が無くなっていくので代替え処方を問い合わせいただきますが、、、、。当薬局の場合ですよ、こんな感じで提案しています。

清心丸を服用する場合、1回あたり1丸を8等分、もしくは4等分で使う方が多いです。牛黄の量で言えば1回あたり37.5mg~75mg程度。もしその飲み方をしているならば「霊黄参1回2粒+α」というように代替えを提案しています。

よく使う処方、敬震丹・救心感應丸気・霊黄参と、先ほど説明した牛黄清心元を表にしてみました。

用法用量 牛黄 甘草 羚羊角 人参 芍薬 桂皮 価格税抜
1回単価
敬震丹 1回1片
1日3回
2.4 17.7 19.6 11.8 麝香・サフラン
香附子・沈香
カンショウ・牛胆
丁子・木香・龍脳
300円
救心感應丸気
救心製薬
1回3粒
1日3回
3.3 3.3 25 麝香・沈香
動物胆・龍脳
ウルソデオキシコール
600円
霊黄参 1回2粒
1日2回
50 300
粗エキス
150
1000円
牛黄清心元 1回半丸
1日2回
15 160 108 80 55 65 麝香・茯苓・川芎
桔梗・柴胡・山薬
蒲黄・神麹・阿膠
大豆黄巻・黄芩
麦門冬・当帰
防風・白朮・龍脳
白蘞・生姜・大棗

生薬量は1回服用量に統一しています
※1回単価は用法用量での服用においてかかる金額(概算)です
※製剤上の添加物(トウモロコシデンプンなど)は記載していません
※価格は2020年現在です。価格は変更される可能性がありますので、お問い合わせください。

基本的に、霊黄参は牛黄と人参だけの処方なので他の処方と組み合わせやすいです。例えば清心丸を服用するための主訴が

  • ストレスによって頭がぼーっとする:霊黄参+柴胡疎肝湯
  • 体が疲れやすくて頭がふらつく:霊黄参+麦味参顆粒
  • からだが慢性的にだるい:霊黄参+補中益気湯
  • 体に元気がなく腰や足に冷えがあり痛い:霊黄参+真武湯(or 独歩顆粒)

あくまで一例ですがこういった処方も考えられます。敬震丹や救心感應丸気は牛黄の量は少なく感じると思いますが、代わりに麝香が含まれています。麝香はアロマのようなもので芳香が強く、これもストレスからの胸の詰まり・頭のつまりに効果があります。

ストレスからの胸の詰まりに敬震丹

敬震丹は、昔の救心のような処方。病院に駆け込んでも「特に何もありませんよ・・・」と言われてしまう、「ストレス」の影響で起 ...

続きを見る

霊黄参:イライラで生まれた「熱」を抜く処方(牛黄)

40代、私と同世代のドリンク剤といえば、リゲイン・鉄骨飲料・ユンケル黄帝液などで、ビジネスマンはみんな飲んでいたようなイ ...

続きを見る

牛黄の純末の価格はこちらです。

牛黄と牛黄の製剤、価格相場

「牛黄ありませんか?!」とご来店いただくことがあります。牛黄には、最近では(当薬局での分類で)3種類あります。牛黄をベー ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
福田優基

ゆうき先生

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-か行, 漢方解説
-,

Copyright© 東大阪市の福田漢方薬局 , 2020 All Rights Reserved.