漢方解説

連珠飲のポイントを解説!注意点や早く治るためのコツも紹介

連珠飲(れんじゅいん)はマイナーな処方で、触れる機会も少ないかも??漢方の参考書ですら掲載も少ない処方です。「聯珠飲」と旧字でかかれている場合もあります。

連珠飲の効能効果

まず効能効果を見てみましょう。

連珠飲:体力中程度又はやや虚弱で、時に逆上せ、ふらつきがあるものの次の諸症:更年期障害、立ち眩み、めまい、動悸、息切れ、貧血

ぱっと見た感じ、女性の起立性調節障害や更年期障害に使うイメージです。

動悸とか息切れの記載はありますが、不整脈ではありません。ホルモンバランスや自律神経の乱れ、そういったもので起こる症状に使います。年齢で言えば40~60代がちょうど使いやすいです。

連珠飲の処方構成

連珠飲は参苓白朮散+四物湯を合体した処方構成です。比較してもらおうと思って抜粋しましたが、

コタロー苓桂朮甘湯茯苓4.8g、白朮2.4g、甘草1.6g、桂皮3.2g (略
ツムラ四物湯地黄3.0g、川芎3.0g、芍薬3.0g、当帰3.0g (略
コタロー連珠飲地黄2.4g、川芎2.4g、芍薬2.4g、当帰2.4g茯苓4.8g、白朮2.4g、甘草1.6g、桂皮3.2g(略

見比べると、同じ比率で合体させた処方ですね。

江戸時代の原南陽という医師が考案し「内科摘要」という書籍に掲載されています。江戸時代って、チャキチャキの強いおかんばっかりというイメージですが、虚証の女性も多かったのかな?

塩とコショウを一緒に使うことが多いぞ・・・じゃぁ、塩+コショウ=「塩コショウ」ならどうだ!、というイメージです。

こんな症状に

具体的には「起き上がったときに眩暈があったり、体が揺れている感じがある」+「顔の血色が悪いなど貧血傾向」がある。こんな体質に使われます。

貧血傾向、貧血のような症状です。本当の貧血なら鉄剤を併用してくださいね。

他には、水分代謝異常からくる耳鳴り・聴力低下にも使われますし、更年期のような症状でホットフラッシュ(のぼせ、ほてり、発汗など)がある場合にも、連珠飲は効果があります。

苓桂朮甘湯の体質(上の図の左側)で、さらに貧血・顔色が悪いという血虚の症状(上の図の右側)があれば連珠飲です。苓桂朮甘湯にしては下のページを参考にしてください。

当帰芍薬散と連珠飲の違い

当帰芍薬散と連珠飲はよく似ています。私は「どっち使っても治りますよー」ぐらいにお話ししていますが。

あえて言うなら、当帰芍薬散は「沢瀉」がポイントです。当帰芍薬散には、目が回る・嘔吐するような、水が抜けきらない(水分代謝が悪い)ときに使う「沢瀉」が入っているおかげで、浮腫の起こりやすいタイプにも気軽に使えます。軟便のタイプにも当帰芍薬散ですね。

連珠飲は逆にどっしりとしたイメージです。

1日辺り
コタロー当帰芍薬散料(7.2g中)当帰2.4g 芍薬3.2g 白朮3.2g 川芎2.4g 茯苓3.2g 沢瀉3.2g より抽出した当帰芍薬散エキス4/5量 4.4gを含有しています
コタロー連珠飲(6.0g中)当帰2.4g 芍薬2.4g 白朮2.4g 川芎2.4g 地黄2.4g 茯苓4.8g 桂皮3.2g 甘草1.6gより抽出した水製エキス4.6gを含有しています

コタロー連珠飲とルビーナの違い

アリナミン製薬株式会社の「ルビーナ」も実は連珠飲です。初回相談時に「何を飲まれていましたか?」と尋ねると「命の母」「ルビーナ」「養命酒」「ドッグマン」あたりは時々名前を伺います。

ルビーナと連珠飲では入っている生薬は一緒でも、比率は少し違っています。コタローの連珠飲と、ルビーナとで比較してみました。

1日辺り
コタロー連珠飲(6.0g中)当帰2.4g 芍薬2.4g 白朮2.4g 川芎2.4g 地黄2.4g 茯苓4.8g 桂皮3.2g 甘草1.6gより抽出した水製エキス4.6gを含有しています
ルビーナ(9粒中)連珠飲エキス散3.15g
当帰1.5g 芍薬1.5g 蒼朮1.5g 川芎1.0g 地黄0.5g 茯苓2.0g 桂皮1.5g 甘草0.5gより抽出

どちらがどう、とは(仕事上)いえませんが、使ってもらうと違うとは感じます。

症例・クチコミ

連珠飲の症例です。下記のような症状の場合、(当薬局の)店頭で「連珠飲」をお渡しすることはあまりありません。(当薬局の場合は)苓桂朮甘湯+婦宝当帰膠といった組み合わせでお渡ししている症例が多いです。(※苓桂朮甘湯+四物湯と方向性は同じですね)

症例

更年期障害に起こる眩暈、50代後半 女性、季節の変わり目、気圧の変化で眩暈があり、酷いときには目の前がくるくると回って吐き気も感じる。(中略)生理はまだあり生理量も多い。時々、寝て起きるときにふわっとすることがある。貧血気味と健康診断では言われるので気が向いたら鉄剤(サプリ)を飲んでいる。更年期の症状が強く、急なイライラや、急な逆上せ(台所掃除をしていたら顔が熱くなり汗も出てくる、しばらくすると治まる)も感じることがある(後略)

本人も更年期の症状を自覚している、というお話しでした。苓桂朮甘湯と婦宝当帰膠をお勧めしたのですが、どうも複数の処方を飲みたくない、というお話し。・・・それならと「連珠飲」にしました。

飲み始めてすぐに「かなり楽になった!」というお電話があり。気に入って2~3ヶ月服用していましたが、しばらくして治ったから中止したとのこと・・・また半年ぐらいして再発しましたとご連絡がありました。

自律神経の症状って、水たまりみたいなモノです。調子の良い、カラカラの天気の時は普通の道路雨が降ればすぐにまた出現します。

残念ながらこれは体質というか、持って生まれたモノというか。時間がかかります。服用している間は症状が治まって楽らしいので、このまま続けてもらっています。

  • この記事を書いた人

ゆうき先生(福田優基 薬剤師[pharmacist]/国際中医師)

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-漢方解説
-, ,