ストレス 漢方解説

加味逍遙散はこんな処方です

更新日:

加味逍遥散。本当に日本人にはよく合う処方だと思います。「友達との喧嘩を思い出して落ち込む」ことはありませんか?あとで思い出して「あー、あんなこと言わなければ良かったな、これもダメだった、あれはどう思ったんだろう、こんなこともあったなぁ・・・」色々と考えてしまいます。翌日起きても気が重い。そんな方への漢方処方です。

時々、ストレスが強くても「キレる、手が出る、文句を言う」発散型は、別の処方がありますのでそちらがいいかもしれません(^-^;;;; また別の処方を併用することが多い処方でもあります。漢方的には、逍遥散類「気血両虚・肝気鬱結の代表処方といわれます。

加味逍遥散の効能効果

加味逍遥散の添付文書には下記のように書かれています。

効能効果

加味逍遥散:体力中等度以下で、のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、ときに便秘の傾向のあるものの次の諸症: 冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症注)、不眠症(ツムラ加味逍遙散添付文書より引用)

これだけを読むと何でも効果がある処方に思えますが(^-^;;; 基本は「憂鬱感・イライラ・怒りっぽい」などの肝気鬱結の症状がポイントです。ただの疲れ、肩こり、そういった症状だけでしたら別の処方の方が効果的です。

肝気鬱結ってナニ?!

漢方の先生方がよく使う「肝気鬱結(かんきうっけつ)」という言葉。なんとなーく聞いているかたも多いんじゃないでしょうか。詳しく解説するとややこしくなりますが、つまりは肝気が溜まってしまって色々な症状を起こす・・・下の図のようなイメージです

昔、テレビ番組でありましたよね。問題を間違えると巨大なバルーンが膨らんでいく。大きくなると爆発して粉まみれになるクイズ番組。あれです。小さい風船でも割れるとビックリするのに、あれだけ大きい風船だとどうなんでしょうね。大きくなった肝気は早めに解消した方がいいのです。

加味逍遙散の構成生薬

こうした肝の気を押し流す処方(疎肝理気薬)は色々と考えられています。もっとも基本的な「四逆散」とその発展系の「柴胡疎肝湯」、加味逍遙散を比べてみました。

処方名
加味逍遙散 柴胡・薄荷/白芍・当帰 白朮・茯苓・炙甘草・生姜・(牡丹皮・山梔子)
四逆散 柴胡・枳実/白芍 炙甘草
柴胡疎肝湯 柴胡・枳実/白芍 青皮・甘草・川芎・香附子

四逆散、柴胡疎肝湯、どちらも「気の流れをよくする生薬」がたっぷりと入った処方です。逍遙散は「気の流れをよくする生薬」に加えて、補血・健脾など別の生薬も含まれています。別の生薬、これが加味逍遙散の特徴です。

加味逍遥散

肝気鬱結を起こす人のベースには「脾虚・血虚」がありますし、「脾虚・血虚」もより酷くなります。この脾虚血虚を治すことが体質改善になります。つまり、

  • ストレスなどで肝が不安定
  • →肝気鬱結:のぼせ感、肩こり、疲れ、精神不安、いらだち
  • →(同時に起こった)気血両虚:冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症、不眠症

こんな流れです。「怒り・落ち込み」の症状の改善だけなら病院の抗うつ剤・抗不安薬が良く効くと思います。切れ味はすごくいいですよね。それでも漢方を服用してもらうと「西洋薬より良く効いた!」という方がおられます。それは、今まで悪かった状況だけでなく「体質」も改善したから。

漢方は「バランス良く処方されている」ため、西洋薬よりも改善を体感できる場合もあります。もちろん併用することも出来ますよ。

逍遥散と加味逍遥散の使い分けは?

逍遥散の柴胡・当帰・芍薬・茯苓・白朮・甘草・生姜・薄荷にからだの熱を取る牡丹皮・山梔子を足したのが加味逍遥散(別名:丹梔逍遥散)です。

  • 火照り感が強い・興奮が強い・微熱がある=加味逍遥散
  • 特に熱感が無い=逍遥散、逍遥丸

と使い分けますがそれほど気にしなくても「どちらでも大丈夫」なタイプもおられます。

イスクラ逍遙顆粒(逍遙散と加味逍遙散の違い)

日本では加味逍遙散が有名でほとんどが、     Contents1 イスクラ逍遙顆粒がリニューアル1 ...

続きを見る

加味逍遙散に併用する処方

残念ながら、加味逍遙散の最適なタイプのハズなのに、、、加味逍遙散では効果が無い、という方もおられます。他に別の処方を併用をすればよかったのかもしれません。下に記載しているカミセーヌCは、加味逍遙散に四物湯を加えていますし、逍遙散に熟地黄を加えて黒逍遙散(煎じ薬のみ)という処方もあります。

加味逍遙散の錠剤 ↓↓↓ カミセーヌ

カミセーヌ(かみせーぬ)

ストレスや更年期の漢方処方としてお勧めしている処方にカミセーヌがあります。清心という処方を昔はお勧めしていましたが、その ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
福田優基

ゆうき先生

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-ストレス, 漢方解説
-, ,

Copyright© 福田漢方薬局|東大阪市の漢方薬局|漢方家族.com , 2019 All Rights Reserved.