アトピー、掌蹠膿疱症 漢方処方

体を冷やして温める処方?:温清飲(うんせいいん)

更新日:

アトピー性皮膚炎など赤くなる皮膚症状によく使われる処方として温清飲(うんせいいん)があります。名前から見ると「温めて冷やす(清)とはどういうこと?」となかなか説明の難しい処方ですが、漢方らしい処方のうちの一つです。

皮膚炎のほうで有名ではありますが、添付文書を見ると効能効果に「体力中等度で、皮膚はかさかさして色つやが悪く、のぼせるものの次の諸症:月経不順、月経困難、血の道症、更年期障害、神経症、湿疹・皮膚炎」と書かれています。皮膚病だけでなく女性特有の疾患にも使える処方です。不思議ですね。

温清飲が適している体質

温清飲を症状から見てみると難しいのですが、体質的に考えていきましょう。漢方的な体質として血虚の方に使います。血虚の概念は難しいのですが「少し枯れかけた木」を想像してみてください。何が原因かはわかりませんが、見た感じ木の表面が乾燥して、葉の付きが悪く、生命力が足りません。栄養がうまく全体に行き渡っていない感じ。

これを人間で言えば、肌に潤いが無く、唇が荒れる、肌が乾燥して痒い、髪の毛が荒れる、眩暈、ふらつき、あたまがぼーっとする、耳鳴り、頭痛、手足の痺れ、筋肉のけいれん、こむら返り、不安感、焦燥感、忘れっぽい、動悸、眠りが浅い、生理が遅れる、月経不順などになります。

すべて起こるとは限りません、こういったことが起こる可能性がある、ということです。それに加えて、何かの原因で「熱」を生じています。漢方では実熱・虚熱に分けて考えますが、この分け方については別のページで。熱とは体温でいうところの熱もありますが、交感神経の興奮も熱といいます。口が渇いたり、イライラしたり、眠りにくかったり。これも熱と呼びます。

 こう考えると「血虚・血熱」って、肌が潤わないために乾燥があり、熱があるために発疹・痒みが出てくる、まさしくアトピー性皮膚炎の症状ですね。ただ、温清飲、これだけですべての症状が改善するわけではありません。熱証が強い場合は黄連解毒湯を加えたり、他の処方との加減を検討するのがポイントだったりします

2014080501

 温清飲の症例:本社でディスクワークを始めたら急に皮膚の症状が悪化した

 39歳男性、地方の営業所から本社に呼び戻されてディスクワークの量が急に増えました。地方の営業所では上司もおらずノビノビと仕事をしていたのですが、本社に呼ばれてから上司と仕事に追われてイライラ。食事なども不規則になり、もともと小さい頃にアトピー性皮膚炎を発症していたのですが急に悪化してのご相談でした。眠りも浅く、ちょっとのことでイライラするとのこと。皮膚科にてステロイドを処方されているが、もう少しなんとか改善したいとのことです。

お話を聞くと、「仕事が原因」かとは思いますが、もちろん部署を変るわけにも行かず。上記の虚と熱が入り交じった状態ですので、温清飲ともう少し改善するのに別の処方を組み合わせてお勧めしました。もちろん、食事・食生活の改善も大切です。3週間程度で落ち着いてきて、内勤が終わるまで1年間ほど継続していただきました。

処方構成

当帰・地黄・芍薬・川芎・黄芩・黄連・黄柏・山梔子と、四物湯と黄連解毒湯が組み合わさっています。温める四物湯と冷(清)ます黄連解毒湯が合わさって温清飲ですね。漢方一貫堂医学の荊芥連翹湯、柴胡清肝湯などの処方はこの温清飲がベースとなっています。

参考:中医基礎理論 、傷寒論解説(大塚先生)、日経DI 2014.02 

  • この記事を書いた人
youz

ゆうき先生

大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-アトピー、掌蹠膿疱症, 漢方処方
-, , ,

Copyright© 福田漢方薬局|漢方家族.com , 2018 All Rights Reserved.