肝臓、慢性肝炎、胆石症 胃弱/下痢/軟便/浮腫

飲み過ぎ・二日酔いの漢方

もう20年以上も前の話です。大学の友達との打ち上げ会。飲み過ぎたA君がトイレで吐いてきて「寒い、胃が気持ち悪い」と。当時はコンビニで「ウコンドリンク」を買ってきましたが、、、、。

飲むとすぐに気持ち悪くなる

最近は、飲むとすぐに気持ち悪くなる吐いてもすっきりしない(・・・酒に弱くなったのかな?)

冷たいビールをガブガブと飲む、冷えた刺身を酒の肴に。蛸ワサは美味しい、冷やし枝豆美味しい。唐揚げ追加。

こうした冷飲食や暴食を繰り返すと胃のスペックが低下します。漢方的には「脾胃の虚寒」と言います。冷たいものはもう勘弁して!!と胃腸が泣いている状態です。

嘔吐・嘔吐感・悪心が起こり、たまに頭痛の方もいます。体の警告を無視して酒の量が過ぎると、ゾクゾクとした悪寒、ザワザワとした煩燥が起こることもあります。

こうしたときの処方が「呉茱萸湯(ごしゅゆとう)」胃腸をじんわりと温める作用があります。

呉茱萸湯:呉茱萸・人参・大棗・生姜

処方はシンプルで中焦を温める様な構成になっています。こうした虚証を改善する処方は、修理してエネルギーを補充するようなものです。ですので「飲み会の前だけに飲む」という処方ではありません、1ヶ月ぐらい服用してもらいます。

浮腫みやすいタイプには水の偏りをなくす五苓散を足します。

40代過ぎて酒に弱くなったときは、胃の機能もですが、肝機能の低下です。飲む前に木鶏丹という製品と共にお勧めしています。木鶏丹は飲み会の時だけ、というのもアリなんですが、これも毎日服用してもらうといいでしょう。

木鶏丹(もっけいたん)

木鶏丹は、核桃楸皮(かくとうしゅうひ)と雲芝(うんし)の健康食品です。核桃楸皮とはマンシュウグルミの樹皮で、雲芝とはカワラタケの子実体。 この木鶏丹は、中国東北部長白山周辺の満州族に古くから伝わる木鶏 ...

続きを見る

胃痛と頭痛で辛い

呉茱萸湯が虚とすると黄連湯という実に使う処方があります。

上焦に熱があり、中焦に冷えた水毒があって、為に腹が痛んで、嘔吐や気の上昇が起こるものは、黄連湯の主治である(傷寒論)

胃痛だけでなく強い頭痛も起こる状態。例えるなら、ひどい二日酔いの状態です。人生で数回経験する「頭が痛くて胃のあたりがポチャポチャ、焼けるように気持ち悪い、吐きたい・・・」という飲んだことを後悔する、あれです。

黄連湯:黄連・甘草・乾姜・桂枝・大棗・人参・半夏

胃腸の虚証は呉茱萸湯と一緒なのですが、上に熱がのぼってしまい頭痛まで出やすくなります。漢方では「上熱中寒」と呼びます。

二日酔いなら「黄連解毒湯+五苓散」でもいいです。大正漢方胃腸薬(液体)もこの処方構成ですね。

頭痛にキリキリの胃痛、、、中寒(あたたかいものを好む・冷たいものをほしがらない・冷たいもので下痢を起こす・触ると胃のあたりが冷たい感じがする)が強ければ黄連湯の方がいいでしょう。

二日酔いだけでなく「ストレスの症状」「更年期の症状」「生理前後の症状」や「皮膚疾患」に使うこともあります。けっこう汎用性が高い処方です。

この黄連湯が効く人は二日酔いなら1~3日で、他の症状でも1週間程度でも「良くなったなぁ」と実感されますが、ストレスか何かで再発しやすく「この前のお薬ちょうだいー」と再来局されます。性格的なものも関係するのかもしれません。完治、というよりも溢れたら使う、みたいなイメージです。

従兄弟の処方(瀉心湯類)

少し話はそれますが、黄連湯には従兄弟のような処方があります。例えば、半夏瀉心湯は、黄連湯の桂皮と黄芩が入れ替わっているだけ。似たような症状で瀉心湯類を代用することもあります。

黄連湯 黄連・桂皮・半夏・乾姜・人参・大棗・甘草
半夏瀉心湯 黄連・黄芩・半夏・乾姜・人参・大棗・甘草

※生薬量の比率は違います

飲むと翌日は浮腫んでしまう

飲むと顔が浮腫む、とか頻尿になる、とかのタイプには、五苓散です。有名な処方ですね。ネットで「飲み会 漢方」で調べるとまずこの処方が出てきます。

「五苓散は利尿の処方です!」と書いたブログもありますが、個人的には「五苓散は水の偏りをなくす処方」と考えています。

飲み会の時。吐き終わると「けろっ」としてまたお酒を飲めるタイプには、五苓散が効果的です。即効性がありますので、飲み会の時だけ、、、という服用法もアリです。すでに頭がガンガンするなら、黄連解毒湯を足すか、別の処方がいいでしょう。

五苓散(ごれいさん)はこんな処方です

五苓散の話をすると「ああ、利尿剤ですよね」そんな答えが返ってくることがあります。利尿だけではありません、それ以外にも色々と効果のある処方が五苓散です。 Contents0.1 五苓散の症例:めまい1 ...

続きを見る

飲むと股が痒い

時々ですが相談中に「酒を飲むと股が痒い」と言われることもあります。股が痒い、、、蚊に刺されたわけでも感染症でもありません。なんとなくムズムズする感じだと思います。

漢方では「湿熱」といいまして、お酒の熱がうまく排泄されず下の方(下腹部・泌尿器)に溜まってきたのでしょう。

この湿熱の処方は色々とありますが、押し出して掃除してあげる、竜胆瀉肝湯+αで処方を使うと「スキッ!」ととれたりします。

女性の場合、生理前後・排卵期前後に酷くなるとか、ホルモンバランスに関連して症状が出る方もおられます。

まとめ:お勧めの漢方薬は?

場合分けをして、色々と記載してみました。他のブログのお勧めとは少し違うかもしれません。

漢方薬局業界のヒトと飲み会をすると、見事に皆さん「マイ飲み会前漢方セット」を持っています。統計を取ってみたいぐらいです(^-^;;;;

五苓散でもいいのですが、私自身は某先生の「飲み会前漢方セット」の「加味平胃散+黄連解毒湯」を推しています。加味平胃散の加味の部分は消化を良くする処方(晶三仙)ですし、湿邪を抜くというのにも即効性があります。プラス木鶏丹を加えると完璧でしょう。

ただ、酒を飲まないときも胃がポチャポチャとするようになったら(胃内停水)、根気よく1~2ヶ月は服用してもらいます。

加味平胃散のポイントを解説!注意点や早く治るためのコツも紹介

湿邪という外部からの影響で胃腸が弱くなってしまう、それを改善するのが加味平胃散(かみへいいさん)です。胃がポチャポチャする、食欲不振、全体的に重い、といった胃腸症状を改善します。 Contents1 ...

続きを見る

最後になりますが「お酒は適切に適量を飲むことが大切」だということで。よろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人

ゆうき先生

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-肝臓、慢性肝炎、胆石症, 胃弱/下痢/軟便/浮腫
-, , ,