大阪の福田漢方薬局|漢方家族.com

不妊相談(妊活・第二子不妊・不育症・高齢妊娠)、痛み(腰痛・膝痛)、更年期障害などのお悩みを漢方で解決。メール相談、通信販売など、各種漢方メーカー(ツムラ・小太郎・イスクラ・松浦)の処方を取り扱う大阪の漢方薬局です。

*

妊娠しました!いつごろ「妊娠」を伝えますか?

      2016/03/03

「妊娠しました!ありがとうございました!」と、超音波の写真を頂きました。

妊娠の初期、生理予定日から少し過ぎて、妊娠検査薬で陽性反応が出たぐらいの時期です。「飛び回らずに、安静に!お大事にしてくださいね」と妊娠後養生法の資料をお渡しして、そうお話しさせていただきました。 

2014090201

妊娠の報告と共に「妊娠したらいつ頃から親に話したらいいですか?!」というなかなか難しい質問を頂くことがあります。一般的に高齢妊娠といわれる年齢での妊娠の場合「このまま妊娠は維持して欲しい、ただ不安は大きい・・・、みんなをがっくりさせたらどうしよう、けどうれしい。早く伝えたい」と葛藤があります。ご主人にも言い出せず、一ヶ月も悶々としていた。そんな方もおられました。

私の考えている基準ですが。

  • ちょっと遠い親戚や友達の場合は12週以降にしておきましょう。16週以降、安定期に入ってからでもいいかもしれません。
  • 自分の両親の場合は、6週あたりから伝えてもいいかな、つわりが始まってしまうと手伝ってもらう機会が出るかもしれないです。
  • ご主人にはすぐに話しましょう。どんなに無関心に見えてもしっかりと見ています。男の人なので、口に出せないだけですよ。
  • 職場の上司には、不妊治療中であることは伝えておきましょう、急な体調変化で融通をつけて貰う可能性があります、とお話ししています。ひとそれぞれパターンは違いますが、参考にしてください。

妊娠中は体調がいい、と思っても意外と無理がききません。いつもと同じような調子で、出歩いたり、遠出したりはできなくなります。無理をしない計画を立てましょう。

 - お客さま喜びの声, 妊娠中の養生 , ,