店舗改装

設計と見積もり [漢方薬局の開局への道のり]

薬局への改装なので調剤室が必要になります。大阪の場合は、調剤室が2坪以上、総面積で19.8m2以上と決められています。また、調剤室と待合室をつなぐ窓の大きさも決められていて、広さ、大きさ、の基準があります。

2015120703

ドアがあるとそれだけの大きさが取れない場合は、ドアに窓を入れて大きさをクリアーするのですが、、、見積もりを取ると、、、やっぱりお値段が高いです(;´Д`)

そして、シンクは大きくして、毒劇物保管庫をつくって。と、考えることは山ほど有るのですが。なかなか、思うようにはいきません。

  • この記事を書いた人

ゆうき先生(福田優基 薬剤師[pharmacist]/国際中医師)

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-店舗改装
-