店舗改装

自動分包機 [漢方薬局の開局への道のり]

小型の分包機がほしくなって色々と調べてみました。たくさん調剤をするところでしたら、やはり大型の最新の分包機がいいのでしょうが、、、。それほど調剤しなくて、小型店舗の場合は、コンパクトとある程度のコストパフォーマンスを備えている分包機がほしいです。で、リストにあがった

の3つが候補です。ユヤマのCPXはコンパクトでいいけど、少し高めかなぁ??と色々と考えています。

型番 W H D 重量 包数 
ユヤマ:CPX-ⅢReno 560 936 392 53Kg  21包 
ユヤマ:CPX-30 977 913 411 58Kg  30包 
高園:スターラ21V 748 905 330 35Kg  21包
エルク:AX-21  708 880  374  60Kg  21包

2015120704

結局、CPX-Ⅱの中古があったのでそれにしました。CPX-Ⅲの前のバージョンです。

 

  • この記事を書いた人

ゆうき先生(福田優基 薬剤師[pharmacist]/国際中医師)

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-店舗改装
-