アトピー、掌蹠膿疱症

主婦湿疹が漢方で改善したお話し【皮膚の割れ】

主婦湿疹の症状って?

主婦湿疹とは、水仕事などで「手の油」を失ってしまい炎症を起こす症状です。主婦と名前が付きますが、主婦以外にも、段ボールの回収業の方や美容師さんに多い症状です。 手の甲や手のひらなど水に触る部分だけ多く、それ以外の部分には湿疹が広がりません

主婦湿疹でカサカサに割れた

50代の女性で、かなり悪化したAさん、病院で主婦湿疹と診断され、ワセリン、アンテベート(副腎皮質ホルモン)などを処方されていました。しかし、数ヶ月経っても良化しないため、来局されました。 見ていただくとよくわかるのですが、割れて血が出るぐらい深い傷が出来ています。手のひらはカサカサしており、指のあたりもささくれ立っていました。

2015052201

イライラすると痒みが悪化し、引っ掻いてしまう。 水を使うと悪化する。皮が弾けるように割れる。手のひらがじんわりと熱を持つ。火照る感じがする。

こういった症状を訴えていました。

 主婦湿疹と漢方薬

西洋医学でも東洋医学でも保湿は最重要になります。それとともに、東洋医学では「熱を取ること」を重視します。漢方薬の熱を取る処方として、白虎加人参湯、黄連解毒湯などは有名です。熱の部位により処方は変えますが、この場合三物黄芩湯、活血の処方、補腎の処方を合わせて検討しました。

3ヶ月ほどでだいぶ傷も消えて、カサカサ感も改善しました。その後も、漢方薬と塗り薬、養生法は継続しています。水仕事の後には症状が悪化しますが、ホームケアと漢方薬でなんとか最悪の状態にならずにすんでいます。

  • この記事を書いた人

ゆうき先生(福田優基 薬剤師[pharmacist]/国際中医師)

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-アトピー、掌蹠膿疱症
-