心臓病・脳梗塞・血管病

牛黄の効果

牛黄は、日本書紀が記載された頃より、高貴薬として存在していた生薬です。牛の胆石が原料で、開竅(かいきょう)作用を持ちます。 開竅とは、「竅を開く」という意味で、「竅」とは意識や脳血管などのつまり、塞がったものを意味すると考えてください。 発熱による熱性けいれんの予防や治療脳血管障害の予防などにも使われています。

牛黄清心丸_粒

牛黄の体験

私の体験ですが、数年前、風邪を引いて熱を出しました。急に38.5度の熱が出て、節々が痛い、ふらつきもある。 嫌な予感がします。

「これはインフルエンザかな・・・」

病院に行って貰ってきた薬でも熱が下がらない。だんだんと、頭が痛くて冴えない、寒気も出てきた。これはちょっと悪い風邪にでも当たったかな、、、。 そんなときに、中国の先生に教えられて、牛黄を服用すると、頭が、急に靄が晴れたような感じですね、クリアーになったんです。

「これが牛黄の効果か」驚きました。

その後、いろいろな方にお勧めして、

  1. ストレスによる頭痛の方、
  2. 頭をよく使う人で、脳が動かない(思考がまとまらない)場合→特に受験前の煮詰まった時期に効果的
  3. 子供の高熱時(解熱剤との併用も)

に効果がありました。 韓流好きの方にお聞きしたのですが、牛黄は韓国ドラマにも出てくるらしいです。金色の玉(たぶん牛黄清心丸)を、噛むシーンがあるとか。

牛黄の違い

牛黄にも、天然の牛黄と、人工牛黄、培養牛黄などが存在します。人工牛黄は、牛の胆汁から人工的に合成し、天然に比べて安価です。 中国で安価に売られている牛黄清心丸などには、人工牛黄が使われている事が多いです。

「人工牛黄と天然牛黄に効果の違いはありますか?」

と電話でのお問い合わせも時々ありますが、全然違います。解熱剤として使うぐらいなら人工牛黄で良いでしょうが、開竅作用を期待するなら、、、天然の牛黄をおすすめしています。そもそも、ですが解熱剤としてつかうなら、西洋薬ならロキソニン・イブプロフェンという解熱剤を活用した方がいいですし、漢方なら地竜というよい生薬があり結構効きます。

牛黄価格は、産地などによっても違い、アルゼンチン、ブラジル、中国、オーストラリアと開きがあります。

本物の牛黄です、持つとかなり軽い印象があります

本物の牛黄です、持つとかなり軽い印象があります

牛黄の選び方

昔、漢方薬局では牛黄の玉を入手して、お客様の目の前で潰して、、、。ということが行われていましたが、製造管理や衛生上の問題で、行われる事が少なくなってきました。

メーカーが牛黄を潰して粉末状にしたものや、カプセルに入れたものその他生薬を加えて医薬品(牛黄清心丸など)にしたもの、があります。

同じ名前の牛黄清心丸でも、牛黄の含有量や、その他成分も違いますので、ご注意ください。 牛黄で効果を実感しようと思った場合、牛黄の量が、100mg~200mg以上/回をお勧めしています。(※ 単味の場合)

牛黄についての別記事一覧にリンクしています

  • この記事を書いた人

ゆうき先生

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-心臓病・脳梗塞・血管病
-

© 2021 東大阪市の福田漢方薬局