漢方解説

【夏ばての漢方を比較】清暑益気湯・麦味参顆粒・西洋人参烏梅の違い

「夏ばて」のご相談で「清暑益気湯(せいしょえっきとう)ってどうなんですか?」とご質問をいただきました。確かに「清暑」と書かれるとすごく夏に効きそうな雰囲気ですよね(^-^;;;

夏の暑い時期につかう漢方

漢方では夏の暑さを「暑邪(しょじゃ)」といいます。外部から病気になる6つの原因として「風邪・寒邪・熱邪・燥邪・湿邪・暑邪」があげられており、この暑邪によって「熱中症」顔面紅潮・大汗・口渇などの激しい熱症状が出てくると考えられています。

皆さんの思い浮かべる熱中症「だーーーって汗をかいてふらふらになった」今まさにヤバイという場面よりも、漢方はそんな環境で「消耗して起こった状況(動悸・息切れ・意欲低下・疲労倦怠感)」が得意分野です、清暑益気湯の効能効果を見ても

清暑益気湯の効能効果

暑気あたり、暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠、夏やせ(ツムラ)

「脱水症状」ではなくて「暑さによる食欲不振や夏やせ」と書かれています。

清暑益気湯はこんな処方です

清暑益気湯について図にかいてみました。

夏の暑さ(暑邪)によって「体に熱が籠もる・発汗しすぎる(エネルギーが漏れる)」すると、冷たいものを食べたりビールを飲んだり。さっぱりとしたソウメンも食べたくなりますよね。胃腸機能が低下します。この低下は一時的な機能低下です。

胃腸機能が低下すると「気血水」ともうまく作れずに「潤いの不足・口渇・夏やせ・夏ばて・下痢・倦怠感」が起きます。漢方では特に気陰両虚といいます。

これらの症状を改善するために「不足したエネルギーを補い+動きが低下した胃腸機能の改善を少々+熱を下げるのが少々」という処方です。清暑益気湯というからには、体の熱を逃がすような生薬がたくさん入って・・・いません。

体を余り冷やさないため、秋口に入っても「だるい時」に使いますよ。胃腸の機能低下(下痢・軟便など)→エネルギーの低下が続けば使うことができます

夏ばてによく使う漢方薬の一覧

夏ばてによく使う漢方の処方を一覧にしてみました。清暑益気湯・麦味参顆粒・補中益気湯あたりはよく使われていると思います。

処方名 効能効果
清暑益気湯 暑気あたり、暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠、夏やせ(ツムラ)
麦味参顆粒 次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症、発育期(イスクラ)
補中益気湯 体力虚弱で、元気がなく、胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすいものの次の諸症:虚弱体質、疲労倦怠、病後・術後の衰弱、食欲不振、ねあせ、感冒(ツムラ)
白虎加人参湯 のどの渇きとほてりのあるもの(ツムラ医療用)
西洋人参烏梅 【健康食品】

白虎加人参湯は糖尿病(消渇)に使われることが多く、熱中症のような症状にも使います。ただし、熱中症になってしまったら水も飲めなくなるので白虎加人参湯よりもすぐに冷やしながらの病院(点滴)です。炎天下で熱中症になりそうだな、と思ったら早めの経口補水液も検討です。

経口補水液の作り方[メモ]

Contents1 赤ちゃんが下痢をして、、、。脱水症状の予防2 経口補水液・経口補液2.1  経口補水液の作り方2.2 ...

続きを見る

西洋人参烏梅は日本では健康食品扱いで、中国では西洋人参と烏梅が主成分の人参烏梅湯という処方があります。

実はどの処方も似ている?!

処方の構成を図にしてみました。「人参」が中心ですが、これはカレーに入れる人参ではなくて「高麗人参(御種人参)」体の元気をつける作用があります。

よく見ると、清暑益気湯の中に麦味参顆粒(生脈散)が含まれています。補中益気湯は五味子・麦門冬が抜け柴胡・升麻が含まれています。このあたりが使い分けのポイントです。

処方名 効能効果
清暑益気湯 人参・蒼朮・麦門冬・陳皮・黄耆・黄柏・当帰・五味子・甘草
麦味参顆粒 麦門冬・五味子・人参
補中益気湯 人参・白朮・黄耆・当帰・陳皮・大棗・柴胡・甘草・生姜・升麻
白虎加人参湯 知母・石膏・甘草・粳米・人参
人参烏梅湯 西洋人参・烏梅etc

この中でお勧めは麦味参顆粒

持論ですが、シンプルな処方であるほど効果が早いです。暑気あたりのだるさ・気力低下など早く改善したいときは、清暑益気湯よりも麦味参顆粒(生脈散)をお勧めしています。

麦味参顆粒は飲む点滴

麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)は好きな処方の一つなのですが、今まで記事を書いていなかったようで、今更ながら書いています ...

続きを見る

体が消耗して気と陰が不足している状態で、急に冷たいものを食べたり飲んだり。お腹を壊すことありませんか?麦味参顆粒に勝湿顆粒(藿香正気散)を加えると楽になります。炎天下に屋外のスポーツ、ガンガンに冷やしたスポーツドリンクを飲んでいる方に多いですね。

藿香正気散(かっこうしょうきさん)はこんな処方です

藿香正気散(かっこうしょうきさん)は「からだの外から攻めてきた風邪(ふうじゃ)」と「からだの中から湧いてきた湿」を改善す ...

続きを見る

西洋人参烏梅はシンプルでいい処方なのですが、使っていて今ひとつ効果を感じたことが(^-^;;;; 烏梅自体がアミノ酸補給のような意味もありますので、コレを使うならアミノ酸製剤(ビーレバーキングとか)でいいのかな、とも感じます。

夏なのに腹部だけ冷える?

夏なのに腹部だけ冷えるという方もいます。冷房で冷えたらトイレに駆け込む人、、、居ませんか?腹部の冷えに軟便・下痢・腹痛があったり、便を出したあとに「気だる~~く」なるときは人参湯(人参・白朮・乾姜・甘草)もいいでしょう。下痢したあとにお腹を温めて楽になるなら高い確率で虚証の腹痛です。下痢はあっても小便が出にくいなら「真武湯」でいいかもしれません。

冷たいものをよく食べる子供の場合なら、小建中湯などをずーっと継続するのもいいでしょう。(夏のアイスクリーム美味しいですよね)

授業中に困った!中学生の下痢と腹痛:小建中湯(しょうけんちゅうとう)

中学生や高校生のご相談もありまして、多いのが下痢や腹痛、あと眩暈やら。ざっくりとお話しすると現代の子供は「冷たい飲み物や ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
福田優基

ゆうき先生

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-漢方解説

© 2020 東大阪市の福田漢方薬局