胃弱/下痢/軟便/浮腫

ウコンがいいの?宴会続きの12月、お酒を飲むときのお供(の漢方薬)

12月、宴会シーズンが始まると「お酒のときの漢方薬下さいー」や「飲み過ぎのときの漢方はありますか?(青い顔)」というご相談がちょくちょくと出てきます。

よく、今までどんなものを飲まれていましたか?と聞くのですが、多いのはダントツで「ウコン」です。あの「ウコンのチカラ」、テレビCMの影響ですね。黄色い色がなんだかビールの色に似て、消化を促進して、効きそうな気がしてきます。

ただ、残念ながら「そこまでのチカラがあるのかな?」と店頭でお話ししていて疑問に思うこともチラホラ。

そんな時にぜひお勧めしたい、お酒の対策というお客さんが来られた場合の、当店での例をお話ししたいと思います。

2014041601

お酒が多くて頭が痛い

二次会、三次会・・・酒量が多く頭痛になるのですが、その時によく使うのが黄連解毒湯(おうれんげどくとう)という処方です。

近くの会社の営業さんとか、バーのママさんにお勧めして喜ばれる処方で、12月の宴会シーズンには金曜土曜にご来店いただきます。服用しておくと翌日の頭痛が楽、また翌日の頭痛のときにも服用できる処方です。漢方的には燃えさかる火を鎮火する処方で、効果はシャープです。鎮痛剤を漫然と服用するぐらいなら「これで・・!」と言い切ってしまいます。

浮腫や頭がボーッとする傾向があれば、水はけが悪いということですから、苓桂朮甘湯・加味平胃散・天祐などその体質に応じてプラスする処方を検討しています。

※ポイントは、水分はしっかりと飲んでいるとき、寝る前にもとって、漢方薬です。

酒量減った、飲めなくなった

肝臓は体の解毒を引き受ける臓器です。この臓器が弱くなるとお酒も飲めなくなったり、少しで酔いやすかったり。酷くなると体がだるくなったりします。(疲れてソファーでよっこいしょーというよりも「動けない」ようなだるさです)

こうなると、ウコンやら上記の処方やらもなかなか難しい。休肝日を設定してもまたすぐにだるくなるという状況に陥ります。酒に上限はない!と豪語していた営業さんも「40代を超えて、宴会が続くと厳しく感じる」そういった相談に。

そのだるさ、ですが、肝臓はからだの中の「掃除ロボット」のようなもので、血液に乗って流れてくる毒を綺麗にしてくれます(オルニチンサイクル)。しかし、この掃除ロボットに負荷がかかりすぎて、フィルターが目詰まりしている・・・これが原因です。

こうした「疲れた肝臓」を楽にする処方として、肝生(かんせい)という処方や木鶏丹(もっけいたん)をお勧めしています。

肝生や木鶏丹を使って、よりよく改善した例もありますので、記載していきたいと思います。

  • この記事を書いた人

ゆうき先生

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-胃弱/下痢/軟便/浮腫
-, , ,