イスクラ 漢方解説 足腰の痛み、しびれ、脊柱管狭窄症

独歩顆粒のポイントを解説!注意点や早く治るためのコツも紹介

独歩顆粒(どっぽかりゅう)は腰・膝の痛みに有効な漢方処方です。独活寄生湯(どっかつきせいとう)という処方を元に開発された漢方薬で、イスクラ産業から販売されています。同じ処方として独活寄生丸という名前で、クラシエと小太郎漢方製薬より販売されています。

独歩顆粒の効能効果

まず独歩顆粒の効能効果を見てみましょう。

効能効果

疲れやすく、下肢が冷えやすいものの次の諸症:腰痛、関節痛、下肢のしびれ・痛み

よく使っているのが腰痛・関節痛など。特に慢性期に使いやすい処方です。「独歩顆粒がよく効いた~」という方は、特に冷えて痛む・暖めると楽になる方が多いです。農業やガーデニングをしているとすごく冷えるらしくて、そうした血流が悪くなって起こる痛みにはよく効きます

逆に、ぎっくり腰の急性期、打撲してすぐの時期、痛みのひどい時期など熱感のあるときや腫れのひどいときには別の処方をお勧めします。

独歩顆粒に含まれる生薬

構成生薬を見てみましょう。

構成生薬

唐独活・川芎・甘草・杜仲・桂皮・茯苓・牛膝・防風・細辛・秦艽(じんぎょう)・地黄・桑寄生(そうきせい)・芍薬・唐当帰・生姜・党参

多くの種類の処方が含まれています。ざっくりですが生薬が多ければ多いほど穏やかな処方か、慢性的な症状を治す処方です。

独歩顆粒の適応を漢方的な言葉で表すと「袪風湿・止痺痛・益肝腎・補血」となります。「風・湿・痺」これがキーワードになりますので後ほど解説します。独歩顆粒を簡単に言えば痛みや違和感を止める+体を補うことでこれからの症状を予防します。

痺証はなぜ起こるか?原因は?

「痺痛」って耳慣れない言葉ですが、神経痛・リウマチ(関節リウマチ)・座骨神経痛・椎間板ヘルニア・膝痛・腰痛など痛みの疾患を総称して「痺証(ひしょう)」と呼びます。関節炎・冷えて膝が痛い・しびれ、全て痺証ですよ。「痺」は詰まって動かない・通じないという意味ですね。

どうしてこの痺証が起きるかと言いますと、

痺証が起こる原因

  1. ↓加齢・怪我・ストレスといった内外の要因
  2. ↓防御力・免疫力が低下する(虚証に傾く)
  3. ↓寒さや湿気などの外邪が入り込む
  4. ↓外邪が気血の流れを阻害する
  5. ↓瘀血や滋養されないことで痛みが起こる

風湿久痺 1肝腎不足(腰膝痿痛・屈伸不利・畏寒喜温・舌淡苔白)2気血両虚(心悸気短・脈細弱)

独歩顆粒は特に環境によるもの、冷え・寒さ・湿気・雪などで起きる風湿の邪気も取り除き、滞っていた気血の流れを通してあげることで痛み・しびれなどを改善します。ですから「あー庭いじりをしてたら今日は痛いわー」「ちょっと歩いたらほんとつらい」「冷える日はしんどいよ」「台風が来たらすごくよくわかる」そんな環境に左右される症状によく効きます。

疎経活血湯との比較

よく似た処方、痺証に使われる処方として疎経活血湯があります。補う処方である八味地黄丸・活血の桂枝茯苓丸とあわせて比較してみました。

独歩顆粒と疎経活血湯は「袪風湿+補気補血・理気活血」という点では同じような組み合わせですが、

  • 疎経活血湯:上半身に起こりやすい・瘀血を原因とした刺すような痛み・痛みが強い場合
  • 独歩顆粒:それ以外の慢性の痛み・風雪や環境によって特に痛みがひどくなる場合

という分け方でわかりやすいかもしれません。

解表(袪風湿)
・利水・補肝腎
清熱 補気
・補血
理気
・活血
その他
独歩顆粒 桂皮・細辛・防風・生姜・独活・秦艽・桑寄生
茯苓
杜仲・甘草・党参
当帰・芍薬・地黄
牛膝川芎
疎経活血湯 防風・生姜・羗活・白芷・威霊仙
茯苓・防已・蒼朮
竜胆 甘草
当帰・芍薬・地黄
牛膝・桃仁・川芎
八味地黄丸 桂皮
茯苓・沢瀉
山薬・地黄 牡丹皮 附子・山茱萸
桂枝茯苓丸 桂皮
茯苓
芍薬 牡丹皮・桃仁

独歩顆粒の中心は独活・桑寄生で、温性に偏っています。肝腎を補う処方を加えることで、骨を盛んにして筋を強くする、ご高齢の肝腎の衰えにも使えます。

DSC00298a

服用のポイント

通常の漢方薬は1日3回の服用が多いのですが、独歩顆粒は1日2回タイプです。朝夕に1回1包、白湯にて服用します。溶かしてもOKです。

独歩顆粒を痛いときだけ服用する、、、という方がいます。が、独歩顆粒の特徴は長期で改善していくという薬効ですから、できれば数ヶ月、半年というスパンで検討してください。

症例(口コミ)

症例1 70代女性 膝の痛み

70代女性 主訴:膝の痛み 膝が冷えて痛むので近所の医院に行ったところ「足の運動をしたら?」と言われた。1週間程度、たくさん歩くようにしたら、背中がつっぱり、膝が余計に痛く、微熱を持つようになった。近所の医院では圧迫骨折かもしれないから総合病院を勧められ、総合病院に行ったところ痛み止めだけ処方された。5日間痛み止めを服用してもまだ改善しない。

もともとの体質が冷え性で、冬の時期に足が冷えると痛みが強くなる、とのことでした。ついつい頑張って運動をしてしまうタイプのようです。

まずは安静にすることをお話ししたうえで、急性期に使う○○○○○と独歩顆粒を併用。その後、膝の痛みが治まってきたので独歩顆粒のみに変更し継続してもらっています。調子が良いようなのでぼちぼち頑張りましょうね、と。

冷えると膝が痛むので、その場合は独歩顆粒に△△△△を加えて服用してもらっています。

症例2 60代後半 座骨神経痛

60代後半・男性 お尻のあたりから太ももの裏までが痛むとのご相談。病院に行くと「座骨神経痛ですね」とのこと。普段は大丈夫だけれども、少し歩き始めると痛みがだんだんとひどくなる。大きい病院では腰部脊柱管狭窄症と診断されたが「しばらく様子を見ましょう」といわれて帰された。天気が悪い・冬になると痛みがひどくなる。

歩くとつらいから、と自転車にのって来局されていました。自転車のほうが痛くなりにくいらしいんです。最初はそれでも休み休みしか乗れなかったようですが、独歩顆粒と○○○○○という処方を半年続けていただいて、だんだんと距離が伸びてきたとのこと。1年後ぐらいには今度自転車で他府県まで行ってきます!と話されていました。

この方の場合は、ずっと同じ処方ですが、コツコツと継続して、運動も頑張ったのが良かったかなと思います。(腰痛体操など自分での努力も本当に大切です)

性と活力 漢方解説 疲労、虚弱体質 足腰の痛み、しびれ、脊柱管狭窄症

2021/5/21

八味地黄丸のポイントを解説!注意点や早く治るためのコツも紹介

八味地黄丸(はちみじおうがん)、処方の名前を知らなくても大鵬薬品の「ハルンケア」のコマーシャルを見たことはありませんか? "ししおどし"がカコーン!!と音を立てると同時に、頻尿の文字が。ハルンケアの処方名が八味地黄丸です。高齢者の尿漏れに効果がある、、、ような雰囲気で十数年前はガンガンと売れてました。 3行でまとめると 老化、泌尿・生殖・ホルモンなどの機能低下を「腎虚」という 八味地黄丸は「腎」を補い、年齢相応に回復させる処方 補腎の処方は種類が多く、体質(寒・熱)の違いに注意すること Contents1 ...

ReadMore

薏苡仁湯の特徴

漢方解説 足腰の痛み、しびれ、脊柱管狭窄症

2020/2/15

薏苡仁湯は「さすってしまう」膝の痛みに

秋から冬の時期の関節痛に使う処方として「薏苡仁湯(よくいにんとう)」があります。「ヨクイニン」はイボ、老人性疣贅を改善する生薬として有名ですが、薏苡仁湯はイボの薬ではありません(^-^;;;; Contents1 薏苡仁湯の効能効果2 膝の痛み!薏苡仁湯での改善例2.1 膝の痛みに運動療法は大切3 薏苡仁湯には従兄弟がたくさん3.1 関節痛・痛みに使う漢方処方、使うときの目安4 薏苡仁湯と併用する処方 薏苡仁湯の効能効果 まず効能効果を見てみましょう。 効能効果 関節痛、筋肉痛 すさまじくシンプルですよね ...

ReadMore

心臓病・脳梗塞・血管病 足腰の痛み、しびれ、脊柱管狭窄症

2020/1/25

交通事故後遺症(しびれ)と漢方治療

交通事故はそのときのケガも辛いのですが、その後に起こる後遺症、古傷の痛みなども大変です。 運転中の衝突(もらい事故) 50代男性からのご相談です。 50代男性 5年前に”もらい事故”をしまして、、、。運転中に後ろから追突されました。それほど大きな事故で無く少しの入院で済んで良かったのですが、首の辺りと右足に”痺れ”が残ってしまいました。 リハビリでずっと病院には通っているのですが痺れがどうしても気になって。涼しくなり酷くなった気がします。特に寒い時期は厳しくなりますのでなんとか漢方で治らないでしょうか?( ...

ReadMore

イスクラ 男性不妊 足腰の痛み、しびれ、脊柱管狭窄症

2016/9/20

新々イーパオ(益宝)はこんな処方です

Contents1 関節の痛みと皮膚の痒みに漢方を使った話2 イーパオって?3 イーパオのリニューアル4 リニューアルのイーパオ成分比較5 イーパオの歴史 関節の痛みと皮膚の痒みに漢方を使った話 70代女性、膝・関節の痛みで来局。朝起きると足が攣る感じでピクピクする。動き始めがギシギシと動きにくく辛い。皮膚の痒みがあり夏の間に湿疹が出やすい。ビタミン剤などが処方されているが、なんとも改善しない。どうしても痛い場合はブロック注射をしようかとDrからは言われている。 痛みで困っている方は多いです。当薬局は”整 ...

ReadMore

足腰の痛み、しびれ、脊柱管狭窄症

2015/8/17

夏の湿気で酷くなる腰痛・膝痛は漢方と運動で改善

6月末になり、暑くなってきました。寒い冬の時期は腰痛のご相談がありますが、梅雨から夏にかけても慢性の腰痛(膝痛)のご相談があります。 お酒を飲まないと腰が痛くて眠られないんです(50代男性) 50代男性・慢性の腰痛で来店。昨年度雑踏で転けたときから、左足膝のあたりに痛みが走るようになる。左足をかばって歩くために腰にも痛みが出てきた。出かけることがおっくうになり、体重は増えてきた。整形外科のDrより「左足膝はもう治っています」といわれている。湿度の高い時期に入って痛みが強くなってきたきた気がする。痛みで眠ら ...

ReadMore

足腰の痛み、しびれ、脊柱管狭窄症

2015/8/17

間欠性跛行(と腰痛)は血流で改善

間欠性跛行(かんけつせいはこう)をご存じですか?専門用語を使うとわかりにくいですが「歩いていると、足が痛くなって動けなくなる症状」といえば、すぐに「あ~あれか」とわかっていただけます。 間欠性跛行は「一定の距離を歩くとふくらはぎのあたりが締め付けられて、少し休むとまた歩けるように」なります。スーパーの帰りに途中で休憩しているご高齢の方、よく見ませんか?足先が上がらない、足の裏が痛い、といった症状もでてきます。足が動かなくなってほんとうに歩きにくくなるんです。 間欠性跛行には種類があります。 閉塞性動脈硬化 ...

ReadMore

足腰の痛み、しびれ、脊柱管狭窄症

2014/6/6

ヘバーデン結節とテーピング

 ヘバーテン結節は「物をつまんだりすると指先が痛み、進行すると第一関節が変形する」という症状で40代以降の女性に多く発症します。ただ、40代だけでなく、写真のかたは30代からとのことです。全身の関節で起こる変形性関節症の一種で、関節が腫れ上がり慢性的な痛みが出ることも。また、腫れた関節の上に水疱が出たり、固くしこったりすることもあります。 痛みを和らげるには、消炎鎮痛剤、温める、テーピングなどがお勧めです。(漢方薬も使いますよ!) 症状が進むと変形することがあります。本来まっすぐな指が、左右どちらかに曲が ...

ReadMore

グルコサミン・コンドロイチンとの違い

痛みの処方と言えば、グルコサミン・コンドロイチン(+ヒアルロン酸)が有名です。当薬局でご相談頂く方も、よく服用されています。「何を服用していますか?」と聞くと、コンドロイチンZやら皇潤やら。色々なメーカーの製品が出てきます。 「関節が摩耗した場合」は、こういった処方でいいです。ただ、「冷えると痛む」「温めると楽になる」といった場合は、独歩顆粒がいいでしょう。

独歩顆粒には、

  1. 「風・寒・湿」を改善する(外的要因)
  2. 「血虚・気虚・腎虚」を改善する(内的要因)

という内的外的要因どちらも改善できるという特徴があります。

グルコサミンなどでは「冷えて痛む状態」を改善できませんし「全身の老化を改善することも」できません。ざっくりというと「材料や補修剤の追加」です。

もちろん、使い痛みの場合に、独歩顆粒とグルコサミンを併用すると楽になる場合もありますし、痛み止めを併用している方もおられます。

独歩顆粒の歴史

イスクラ産業から独歩丸として発売されたのが1994年9月です。九芝堂製薬に委託して製造していました。今は無きシンボルキャラクターですが、中国の長沙市、馬王堆(まおうたい)の墳墓から出てきた帛画(はくが:絹に書かれた絵)の導引図からイメージしています。左の両手を挙げているのが桃源くん、右が天士ちゃんらしいです。独歩丸

その後、顆粒剤として四川華星薬業有限公司にて製造されることになりました。

独歩顆粒

商品名  イスクラ独歩顆粒
ジャンル 第二類医薬品
内容量  60包入(1日2回 1回1包食間または空腹時に服用)
商品単価  8000円(税抜)
ポイント  疲れやすく、下肢が冷えやすいものの次の諸症:腰痛、関節痛、下肢の痺れ・痛み
販売元 イスクラ産業株式会社
摂取方法など 本品1日量2包(6.0g)中、下記成分及び分量の生薬より製した独歩エキス3.9gを含有します:唐独活 1.55g、ジンギョウ 1.03g、防風 1.03g、細辛 1.03g、桂皮 1.03g、唐当帰 1.03g、芍薬 1.03g、地黄 1.03g、川弓 1.03g、党参 1.03g、茯苓 1.03g、 甘草 1.03g、生姜 1.03g、桑寄生 1.03g、杜仲 1.03g、牛膝 1.03g

この商品は店頭のみの販売商品です。

  • この記事を書いた人

ゆうき先生

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-イスクラ, 漢方解説, 足腰の痛み、しびれ、脊柱管狭窄症
-, ,