現在デザイン変更中のため、文字・リンクのズレが生じています(9/15~)

塩化アルミニウム(20%)・塩化ベンザルコニウム液

メーカーの欠品により原材料が入荷できないため、塩化アルミニウムはしばらく欠品になります(2022/08~)

目次

収斂作用と皮膚の殺菌作用の塩アル液

成分の塩化アルミニウムは収斂作用を有し、塩化ベンザルコニウムは皮膚の殺菌消毒として働きます。「塩アル」といえば、多汗症でお悩みだった方は「ああ!」と言っていただけます。 福田漢方薬局でも店頭には出していませんが、「塩アル液」を販売しております。液は無色無臭で、使っていただくと確かに効果はあります。

福田漢方薬局 塩化アルミニウム・塩化ベンザルコニウム液(徳用) 100ml 1410円(税抜)です。

塩化アルミニウム

原発性腋窩多汗症治療剤「エクロック®ゲル5%」

塩化アルミニウムベンザルコニウム(以下:塩アル)を販売していてこんな記事を書くのもおかしいのですが、2020年11月に保険適用の多汗症の外用剤が発売されました。「エクロック」という名前です。

残念ながら病院で処方される外用薬です。現在は「脇で原発性(もともとの体質的なもの)」にしか適用がありません。当薬局では取扱ができませんので、もしお悩みが「脇汗」なら皮膚科さんで相談して処方箋を発行→調剤薬局で処方を受けてください。

本剤は、神経伝達物質であるアセチルコリンの作用を阻害する抗コリン剤に分類される日本初の原発性腋窩多汗症用の外用剤です。アセチルコリンはムスカリン受容体と結合することにより、汗腺から発汗を誘発すると考えられており、本剤は多汗症の原因となるエクリン汗腺のムスカリン受容体と結合することでアセチルコリンの結合を阻害し、発汗を抑制します。1日1回の両腋窩への塗布で効果が期待でき、塗布の際にアプリケーター(塗布具)を用いることで手が薬液に触れることなく塗布が可能です。科研製薬サイト

つまり、

  • 汗はエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2つの汗腺がある。
  • エクリン汗腺は全身に分布し多汗の原因。アポクリン汗腺は臭いの元を多く含む。
  • エクロックはエクリン汗腺に塗って遮断する=流れる汗が止まる

ということです。名前が、エクリン汗腺を遮断する=エク・・・ロック。医薬品の名前ってこうしてちょっと捻っているものが多いです・・・。まぁわかりやすいんですけど。塩アルとどちらが効果があるのか。副作用はどの程度か。まだ実体験がなくなんともいえませんが、数年もするとだんだんと評価が出てくると思います。楽しみです。

[expand title=”添付文書はこちらをクリック”]

体調の変化がありましたら必ずご相談下さい。
商品名 福田漢方薬局 塩化アルミニウム(20%)・塩化ベンザルコニウム液 100ml入
分類 [ 医薬品 ]
特徴 塩化アルミニウム・ベンザルコニウム液は福田漢方薬局で製造を許可された薬局製剤です。皮膚の殺菌消毒と共に、多汗を抑える特徴があります。
効能 皮膚の殺菌消毒
用法・用量 必要に応じ、適宜患部に塗擦する。
成分・分量 本品100gあたり、塩化アルミニウム20g、塩化ベンザルコニウム0.02g、精製水 適量
使用上の注意 入浴後の清潔な状態で塗布します。汗の出ていない状態での塗布が望ましく、入浴後時間が経過して汗が出ていない状態で塗布して下さい。
薬剤が乾燥してから着衣を着るようにして下さい。
効果が現れてからは、適当な間隔で使用します。効き目を継続させるためにも、使用量や使用頻度は最低限にしておきましょう。
皮膚の弱い方は2倍程度に薄めてから使用して下さい。
皮膚が炎症を起こした場合は使用を中止して下さい。
目に入った場合は流水で洗い流し、症状が酷い場合は眼科を受診するようにして下さい。
子供の手の届かないところに保管して下さい。

[/expand]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

目次