お知らせ

総額表示への対応(2021年4月~)

2021年4月1日からの総額表示義務化(消費者向けの値札や広告が対象)に向けて、ホームページ・店頭・チラシの表示価格には税込み・税抜きが混在しております。「税込み」表示もしくは「税込み+税抜き」表示に随時作り直しておりますのでご了承ください。

2021年4月以降も、店頭や郵送にてお渡しする「商品パッケージに記載の金額」はメーカーの印刷でありますので税込み・税抜き表示が混在する可能性があります。また、お渡しするレシートは税抜き表示から総額を計算しています。そのため「商品に添付している値札ラベル」はすべて税抜き表示になっています。下記、財務省のガイドラインに従っております。

Q 商品本体のパッケージや下札などに税抜価格が表示されていますが、こうした表示についても全て税込価格に変更する必要がありますか。
A 総額表示の義務付けは、消費者が商品やサービスを購入する際に、「消費税相当額を含む価格」を一目で分かるようにするためのものです。したがって、個々の商品に税込価格が表示されていない場合であっても、棚札やPOPなどによって、その商品の「税込価格」が一目で分かるようになっていれば、総額表示義務との関係では問題ありません。
なお、インターネットやカタログなどを用いた通信販売に関しては、ウェブ上、カタログ上において税込価格が表示されていれば、送付される商品自体に税抜価格のみが表示されていたとしても、総額表示義務との関係では問題ありません。財務省Q&Aより 消費税における「総額表示方式」の概要とその特例

 

 

  • この記事を書いた人
福田優基

ゆうき先生

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-お知らせ

© 2021 東大阪市の福田漢方薬局