花粉症

花粉予想の花粉は結局どのくらい?平年との比較。

2013年は冬の寒い時期が長かっただけに、花粉の季節が一気に来て、「症状が例年よりも酷い!!!」という患者さんも多く来店されました。2011年も特に酷かったです。今まで花粉の傾向すらなかった人まで、ズビズビと鼻水をすすっていました。

ただ、新聞などで発表される毎年の花粉状況は、昨年に比べての比較です。実際では一昨年と比較してどうだったかな、、、と考えると、、、難しいところです。で、雑誌をパラパラと見ていて、面白い表があったので、引用します。花粉の時期の予想と、例年と比較してどの程度花粉が多かったか、の表です。

花粉症のサイトでは色々な言葉が使われますが

花粉症のサイトでは色々な言葉が使われますが

下の表をご覧下さい。こうしてみると、2011年と2013年はすごいですね。

予想 平年との比較
2004年 平年を下回る 2~3割
2005年 昨年の10~20倍 2~3倍
2006年 去年の7割程度 1.4~2.1倍
2007年 去年の8割程度 1.1~1.7倍
2008年 平年並みかやや多め 1~1.5倍
2009年 平年なみ 1倍
2010年 平年並みかやや少ない 9割~1倍
2011年 去年の5倍以上 5倍以上
2012年 去年の3割程度 1.5倍
2013年 去年の2倍以上 3倍以上
2014年

※MONOQLO 2013.May P066より抜粋

終息時期はだいたいが5月初旬、GW前が多いのですが、2013年に関しては1週間程度、早いようです。

環境省は2013年4月19日、今シーズンのスギとヒノキの花粉の飛散について、最も遅い東北や北海道でも5月下旬までに終息するという予測を発表した。花粉の飛散量が増える暖かい日が多かったことなどから、例年より一部では1週間ほど早く終わるという。  スギ花粉の終息に関しては、西日本ではすでにほぼ終息し、四国や東海地方などでも数日以内に終わる見通し。関東地方などは4月下旬、東北・北海道は5月上旬の見込み。JacstNews2013/04/20

4月末になって「だいぶとマシ」という方もおおかったので、店頭の感触では3月始め~4月末までがピークかなと感じています。

  • この記事を書いた人
福田優基

ゆうき先生

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-花粉症

© 2021 東大阪市の福田漢方薬局