「漢方処方」 一覧

2018/10/5

めまい、ふらつき 漢方処方 頭痛、神経痛、三叉神経痛

五苓散(ごれいさん)はこんな方にお勧めします

五苓散の症例:めまい 月経周期の後半(生理前)から生理まで、めまいと頭痛が強くなるとの相談(30代女性)がありました。い ...

2015/5/23

コタロー 漢方処方

神仙太乙膏と紫雲膏の違い

紫雲膏は当帰と紫根の補血行血(血行循環改善)がメインの処方ですが、神仙太乙膏は四物湯去川芎を中心として鎮痛・清熱解毒・保 ...

2015/5/21

漢方処方 肝臓、慢性肝炎、胆石症

お酒を飲む人、茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)

症例:酒を飲むと蕁麻疹が出る、便が臭い! 50代男性、営業職で20年。車で関西を飛び回っている。年末になれば宴会が続くの ...

2016/5/17

漢方処方

なんだか足がパンパンに?浮腫がすっきり取れる漢方処方、越婢加...

病院での治療が必要ないわゆる「病的な浮腫」ではないけれども、ちょっと気になる「からだの浮腫(むくみ)」の話です。 急に起 ...

2015/11/27

漢方処方

鬼のように角が出る:柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれ...

2月の節分です。節分ならこの記事と言うことで、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)をご紹介します。女性でイラ ...

2015/11/27

漢方処方

芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)は...

産後の処方として有名な処方に芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)があります。この処方の解説として「 ...

2014/11/8

漢方処方 漢方実務実習

地黄を含む有名な漢方処方

※※※漢方の実務実習用の資料です※※※ 補腎薬は六味丸を基礎としています。八味地黄丸(金匱要略)→六味地黄丸(小児薬証直 ...

2016/6/10

漢方処方 漢方実務実習

人参を含む有名な漢方処方

※※※漢方の実務実習用の資料です※※※ 漢方薬には人参を使った処方は多くあります。人参は直接日光を避けるために覆いをして ...

2015/11/18

アトピー、掌蹠膿疱症 漢方処方

体を冷やして温める処方?:温清飲(うんせいいん)

アトピー性皮膚炎など赤くなる皮膚症状によく使われる処方として温清飲(うんせいいん)があります。名前から見ると「温めて冷や ...

2018/8/10

夏バテ、慢性疲労 漢方処方

牛黄清心丸、中国と日本とでは違います

中国と日本とで使い方が違いますよ、という処方が牛黄清心丸。薬剤師さんですが、引退の年代になって漢方に興味をもたれて来局さ ...

2015/11/17

イスクラ 漢方処方

婦宝当帰膠と当帰芍薬散には3つの違いがあります

不妊症の相談をしていて、良くある質問の一つにこんなのがあります。 「産婦人科で当帰芍薬散を処方されましたが、婦宝当帰膠と ...

2014/11/8

漢方処方

冷え症や血行循環改善の処方:温経湯

温経湯は女性に特によく使う処方です。古典では「衝任虚寒」の処方と言われ「女性の月経・生殖機能が、邪気に見舞われて、うまく ...

2018/8/27

漢方処方 足腰の痛み、しびれ、脊柱管狭窄症

こむら返りと芍薬甘草湯

ふくらはぎの筋肉が突然痛みと共に、引き攣る、こむら返り。こむら返りは、ご高齢になっておこる場合もありますし、肝硬変や糖尿 ...

2016/3/12

松浦製薬 漢方処方

皮膚の再生を促す伝統の軟膏、紫雲膏(しうんこう)

皮膚の再生効果のある漢方の軟膏 本品は,江戸時代の名医「華岡青洲」創案の軟膏で,「外科正宗」に収載され、今日まで受け継が ...

2016/3/3

漢方処方

軽度のストレスの症状も香蘇散

香蘇散(こうそさん)という漢方薬があります。香蘇散は、紫蘇、香附子、炙甘草、陳皮といった香りの良い成分を多く含む処方。「 ...

Copyright© 福田漢方薬局|漢方家族.com , 2018 All Rights Reserved.