頭痛、神経痛、三叉神経痛

【確認用】頭痛の漢方の使い分け

頭が痛い・・・そんなときにドラッグストアに行くと鎮痛剤を勧められます。ロキソニンS・イブAなど棚には色々なお薬が並んでいますが、成分を見てみるとほぼ9割近くはNSAIDs(非ステロイド系抗炎症薬)です。

漢方の場合は、頭痛と一言でいっても体質や原因ごとに色々な処方が使われます。対処療法だけでなく、原因も治していこうという方針です。使われる頭痛の処方を紹介します。

一番左の列、外感とは外からの影響(ウイルス・季節の寒さ暑さ)です。外感の寒証、つまり「ゾクゾクの風邪」ですし、こういった頭痛+αの症状からは「葛根湯」がよく効きます。

内傷とは体の内側の原因。具体的な病名では高血圧など。内傷は実証と虚証とを分けて考えると分かり易いです。

外感 寒証 ゾクゾク寒い、首筋の凝り
手や肩の痛み、鼻づまり
※風邪の症状
葛根湯
桂枝湯
外感 寒証・中間 軽度の寒気、虚弱体質
締め付けられるような軽い頭痛
桂枝湯
頂調顆粒
川芎茶調散
外感 天候で悪化
【湿】
雨が降る前に悪化する
頭が重く締め付けられる感じ
口渇・悪心・浮腫傾向
小便が出にくい
五苓散
呉茱萸湯
寒冷で増悪)
外感
内傷
中間 頂調顆粒
川芎茶調散
内傷 実証 高血圧・便秘・赤ら顔・逆上せ
火照り・不安感/煩燥あり
三黄瀉心湯
七物降下湯
黄連湯
内傷 実証 カッカッくる(肝鬱) 大柴胡湯
内傷 中間 グルグルと同じ事を考える
クヨクヨと悩む(肝鬱)
加味逍遙散
内傷 虚証 頭が重い、冷え、眠い、倦怠感 半夏白朮天麻湯
内傷 虚証 慢性的に続く頭痛、めまい、耳鳴り
肩凝り、高血圧、頭痛が午前中に悪化
釣藤散

頭痛には食間を待たずその場で服用することが多いです。分け方ですが、かなりざっくりと・・・分けています。先生によっては、もっと詳しくとかこれは違うだろうという突っ込みはありますが、、、こんな処方も使うんだなぁという表ですので

 

 

 

  • この記事を書いた人
福田優基

ゆうき先生

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-頭痛、神経痛、三叉神経痛
-

© 2021 東大阪市の福田漢方薬局