癌、腫瘍、癌の予後

野生紫霊芝(小林漢方)

更新日:

野生紫霊芝

霊芝(レイシ、Ganoderma lucidum (Leyss. ex. Fr.) Karst)はマンネンタケ科の一年生のキノコで、形態は系統により様々に変化する。肉質はコルク質様で表面はニスがかけられた様な光沢がある。別名万年茸(マンネンタケ)、霊芝草(れいしそう)。wikipedia

商品名 野生紫霊芝
ジャンル 健康食品
内容量  90g(250mg x 360粒)
商品単価  48000円(税抜き)
原材料 野生紫霊芝・田七人参最大根・冬虫夏草菌糸体・黄精・
白花蛇舌草・半枝連・大青葉・サンジコ・三稜・ガジュツ・
川黄糸鬱金・青皮・テンチクオウ・龍衣・デキストリン
ショ糖脂肪酸エステル・アラビアゴム・タルク・シェラック
ポイント 身体の免疫力を上昇させるために
販売元 小林漢方
摂取方法など 1日6~24粒を目安に水又は白湯と共にお召し上がりください。

※服用量としては、1日あたり6~12粒、症状が強い場合で12粒~を、1日2~3回に分けての服用でお勧めしています。

※野生紫霊芝は、180粒 25000円、360粒 48000円、2000粒 216000円の3つのサイズがあります。

  • この記事を書いた人
youz

ゆうき先生

大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-癌、腫瘍、癌の予後
-, ,

Copyright© 福田漢方薬局|漢方家族.com , 2018 All Rights Reserved.