07 店主の活動記録

花後のクンシランの管理

投稿日:

クンシランの開花時期は2月から4月末頃まで。急に株の中央からメキメキっと軸が伸びてきて花をつけます。ただ、日陰に置いてあるクンシランは毎年咲いてくれるのですが・・・。

他の株、毎年咲かない株もあったり、不思議でした。咲かない原因が謎だったのですが「NHK:趣味の園芸」を見て氷解。ポイントは花後から夏終わりまでの管理方法でした。来年こそはうまく咲かせようと思います(^-^;;;

クンシラン

クンシランに花が咲かないときの対処法。根が詰まっていることが多いので、植え替えが大切。根が元気ならそのまま、根腐れしている部分は丁寧にとる。触ってスカスカする根はアウト。2年に1回の植え替えが目安。子株が増えてしまったら株分け、 切らずに手で割ってOK。日陰を好む性質なので日陰での管理。

花後の5月からが生育期。花を咲かせるポイントはこの時期に遮光をする(7~10月は遮光率50%ネットから70%で)。遮光して株の温度が上がらないように(病気対策の意味もある)。水やりは夏は4~5日に1回、冬は1週間以上空けてもいいぐらい乾燥に強い。やや乾き気味で管理。肥料は花後と生育期に与える。

  • この記事を書いた人
福田優基

ゆうき先生

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-07 店主の活動記録
-

Copyright© 福田漢方薬局|東大阪市の漢方薬局|漢方家族.com , 2019 All Rights Reserved.