イスクラ

婦宝当帰膠に使われている当帰

更新日:

婦宝当帰膠の有効成分の大半を占める生薬、それが「当帰(とうき)」です。大学の頃はヤマトトウキの成分分析をお手伝いしておりました。なかなか匂いが懐かしいです。当帰はちょっと甘いような匂いがするんです。

日本の当帰と中国の当帰は少しだけ系統が違っていて。中国の当帰はカラトウキと呼ばれています。 

漢方では、婦人の妙薬として色々な処方に入っていますが、有名どころと言えば当帰芍薬散でしょう。婦宝当帰膠とは、当帰の含有量が違いますが、どちらも女性の血を多くする(血虚を改善する)という意味で、処方に組み込まれています。 

勉強会で特別展示がありましたので、写真を撮ってきました。イスクラ産業の婦宝当帰膠は中国の浙江省と湖北省の「当帰」を使っています。

DSC08612 

コレが当帰の現物です。実際に製品に使われている生薬です。安い製品なら、他の製品で使われた「残りもの」・・・だったりしますが。婦宝当帰膠に関してはしっかりとした生薬を使っているようです。もちろん、ここから細かく裁断して、洗浄して、煎じ、婦宝当帰膠となります。 

当帰:セリ科のAngelica sinensis DUELS の根

当帰は、血行循環不良による痛みや、血虚による顔色に艶がない、頭のふらつき、目眩、目がかすむ、動悸、月経不順、月経痛などの症状に活用する生薬です。毎月の生理で血が少なくなりがちな女性の血を補う「婦人科の良薬」です。

性味:甘・辛・苦、温

帰経:心・肝・脾

漢方的な効果:補血調血、活血行気、潤腸通便

参考:中医臨床のための中薬学 神戸中医学研究会

  • この記事を書いた人
youz

ゆうき先生

大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-イスクラ
-,

Copyright© 福田漢方薬局|漢方家族.com , 2018 All Rights Reserved.