アンチエイジング

小泉今日子さんと婦宝当帰膠

雑誌をパラパラとめくっていたら、小泉今日子さんと中野明海さんとの対談記事が載っていました。

InRed 6周年×表参道ヒルズ3周年 記念コラボイベント 表参道コレクション オモカジ女子祭り ○ 「中野明海さんと大人女子のビューティ・トーク」

参加は抽選で、2009年の3月に行われたらしいです。

小泉さん、いつでも綺麗ですが、そのウラではしっかりと美容には気を遣ってます。色々な美容のポイントが書かれていましたが、要約すると、「自分の今にあったお手入れをする。」ということでしょうか。

若いときのお手入れと、年齢を重ねてからのお手入れは違う。
「メイクばっちり→いけてないヘアスタイル」よりも、「行けてるヘアスタイル→ノーメイク」のほうが素敵。

なるほどーと思いました。

30代からの婦宝当帰膠

婦宝当帰膠を服用している方に聞くと、まず「髪のツヤ」が良くなってきた。とよく感想を言われます。婦宝当帰膠は 「血を増やす」 漢方薬とよく言われますが、厳密には「血のもつエネルギー」を増やす漢方薬です。血が元気であれば、体は元気になり、表情が明るくなり、全身が暖まり、髪も生き生きとします。

貧血や冷え性などにお薦めすることがありますが、それにも加えて、顔色が悪い、髪がパサパサするという美容面でのお薦めもしています。

IMG_2787s

?ドリンクとかサプリとかは?

小泉「マッサージやさんで最後にお茶みたいの出してくれて、すごく美味しいから何か聞いたら、婦宝当帰膠っていう女の人向けの漢方で、それを朝とか寝る前に飲んでる。シロップみたいで、黒糖みたいに甘くて美味しいの」

中野「いいかもね、それ」

小泉「スプーン一杯で、白湯で割って、ゆっくり飲む、体が冷えなくなる」

太平「冷えといえば最近ショウガ、流行ってますよね?」

小泉「ショウガ結構食べるよ。体にいいものを食べるのは好きなんだよね。これにコスメが加われば」

中野「うん、単なるパックから」

小泉「興味はあるの。資生堂の仕事とかしてるから、もらって試したりとかするし。ヘアメイクさんに情報教えてもらって買ったり。明海ちゃんとアコで開発アドバイザーやってるコスメもあるよね?」

中野「リトルトウキョーっていって、日々のお手入れにお薦め・あと、資生堂クレ・ド・ボーのシネルジックっていうのもらった?すごく優秀なの。久しぶりに、化粧品使って喜びがあった」

小泉「ほんと!それもらう(笑)」

・・・略 InRed 6月号宝島社 P122 引用

 

  • この記事を書いた人
福田優基

ゆうき先生

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-アンチエイジング
-, ,

© 2021 東大阪市の福田漢方薬局