第二子不妊

不妊療法/漢方周期療法でホルモンを整えて

周期療法のポイント!

周期療法(周期調整法)は漢方薬を使ってホルモンバランスを整え、妊娠しやすい環境をつくる考え方です。

 

周期療法のポイント

 

ホルモンバランスなど身体のバランスを整えるには漢方薬は最適です。

「年齢を重ねると子宮内膜が厚くならないと言われた」

「疲れているのか、基礎体温が綺麗に上がらない

「排卵誘発剤を継続していて、おりものが減ってきた

ホルモンバランスの乱れ、身体の疲れは「周期療法(周期調整法)」で体調を補助しましょう。

 

※卵管が細菌感染などによって詰まるなどの”器質的な”不妊症には向きません。そういった場合は不妊専門クリニックと連携しつつ、気血の調整に漢方をお勧めしています。

 

周期療法で不妊対策を

少しでも早く欲しいから「精神的にも苦しい検査、金額的にかなりな負担」にも耐えているのに、人工授精でもうまく行かない、つらさ。

かわいい赤ちゃんを授かる為の努力が必要な方。

孫を望み、叶えられない方に周期療法をお勧めいたします。

 

西洋医学の理論と東洋医学の考え方を合わせた「漢方周期療法」。

赤ちゃんを授かる確率を少しでもあげられたら・・・。うれしいですよね。

「漢方家族」はそうした患者さんのお力になれるよう、頑張っています。

 

両親の体質改善が第一段階

不妊解決は両親の体質改善からです。

 

本人は至って元気と思っても、「生理痛」「冷え」がある子宮は赤ちゃんに快適な子宮ではなく、栄養も酸素も不足します。

女性の繊細な体の変化に合わせて処方を変えるのが、漢方周期療法です。

 

基礎体温表のグラフを見ながら、生理の時には停滞した生理血[月経血]をしっかり出す漢方薬。

排卵時には充分に卵子を成長させて排卵させる漢方薬。

赤ちゃんの為にしっかりした暖かな子宮を用意し、着床しやすくする漢方薬を使い分けます。

 

流産しやすい方は、しっかり保たせる漢方薬で予防します。

 

また、病院での検査など、医師に聞けないことありませんか?

 

黄体ホルモン、卵胞ホルモン、FSH、中性脂肪、赤血球値など、

専門用語がさも「勉強してきたでしょ?」とばかりに飛び交います。

 

いきなりの専門用語の洗礼は、戸惑ってしまいます。

 

また、このお薬は?このまま続けていいの?と、医師にはなかなか話せないことも、あるかと思います。

そういった一般的な知識も提供します。

 

「不妊症」という名前をつけられて落ち込んでいませんか?

今はあくまで「未妊」の状態。落ち込むことはありません。

解決する道はあるはずです。

 

男性の体質改善も同時に!

妊娠成立には、植物に例えれば

種が強い(精子が強い)事、

土地が肥えている(気血が十分で子宮が暖かい)事

の両方の条件を整える事が大切です。

 

種が弱いならば土地が、土地が弱いなら種が、より強いことが必要です。

不妊は必ず男女共を強化することが原則で女性だけの責任ではありません

 

男性の精子減少・運動率や奇形率の異常・性交不能も不妊の大きな原因ですが、プライドの件もあり検査を拒む事が多いようです。

 

相談の上で漢方薬を服用し、健康・妊娠条件を整えると同時に男性としての自信度も大きくなります。

 

子宮筋腫、子宮内膜症などは、しっかりとした知識を身につけましょう。

自分に合う漢方薬を見つけてください。

どれがよいか分からない、と言う方は、いつでも気軽にお問い合わせください。

 

生理不順・冷え・貧血・頭痛・肩こりなど色々な婦人病には、漢方薬の服用で自然な体質改善も可能です。

元気なからだと生活ををめざしませんか?

 

  • この記事を書いた人
福田優基

ゆうき先生

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-第二子不妊
-,

© 2021 東大阪市の福田漢方薬局