イスクラ 目の疲れ、耳鳴り

双料杞菊地黄丸(リニューアルのため廃盤)

↓↓↓リニューアルしました↓↓↓↓

中薬杞菊地黄丸(ちゅうやくこぎくじおうがん)

飲む目薬、かすみ目、疲れ目に 「中薬杞菊地黄丸(ちゅうやくこぎくじおうがん)」は、六味地黄丸にキクカ、クコシを加えた処方 ...

続きを見る

飲む目薬、かすみ目、疲れ目に

双料杞菊地黄丸そうりょうこぎくじおうがん」は、六味地黄丸にキクカ、クコシを加えた処方でこれら8種類の生薬から抽出したエキスを丸剤としたもので疲れやすくて、顔・手足がほてり、尿量減少し、または多尿で、ときに口渇がある傾向がある方のかすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみなどの改善を目的としております。

 

【ワンポイント】「双料杞菊地黄丸」のベースとなる六味地黄丸は腎陰を潤し火照り、のぼせ、などをおさめます。それにプラスして、養肝明目の枸杞子と菊花を加えたのが杞菊地黄丸です。

東洋医学で言うところの肝腎陰虚に使われる漢方薬です。目の症状が少なくても、肝腎陰虚を基本に考えるのがポイントです。

DSCN1862s-233x300

 

九芝堂股份有限公司
製造販売業:イスクラ産業株式会社

添付文書はこちらをクリック

医薬品は注意事項を読み服用してください。
体調の変化がありましたら必ずご相談下さい。
商品名 双料杞菊地黄丸
分類 [ 医薬品 ]
特徴 「双料杞菊地黄丸」は、六味地黄丸にキクカ、クコシを加えた処方でこれら8種類の生薬から抽出したエキスを丸剤としたもので疲れやすくて、顔・手足がほてり、尿量減少し、または多尿で、ときに口渇がある傾向がある方のかすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみなどの改善を目的としております。
効能 疲れやすくて、顔・手足がほてり、尿量減少し、又は多尿で、ときに口渇があるものの次の諸症:かすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみ
用法・用量 次の量を、1日3回温湯で服用して下さい。
[年齢]     [1回の服用量]  [1日の服用回数]
成人(15歳以上)    8丸         3回
15歳未満         服用しないで下さい。
成分・分量 本品1日量24丸(4.8g)中、下記成分及び分量の生薬より製した杞菊地黄丸
エキス2.70gを含有します。
サンシュユ………3.02g  ブクリョウ…2.25g
サンヤク…………3.02g  ボタンピ……2.25g
ジオウ……………6.06g  キクカ………1.51g
タクシャ…………2.25g  クコシ………1.51g
使用上の注意 ■■相談すること■■
1.次の人は、服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
(4)今までに薬によるアレルギー症状(例えば発疹・発赤、かゆみ等)を起こし
たことがある人2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して
下さい。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
[関係部位]  [症 状]
消化器     食欲不振、胃部不快感、腹痛
皮 ふ     発疹・発赤、かゆみ
(2)1ヵ月位服用しても症状の改善がみられない場合3.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強がみられ
た場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談して下さい。
下痢
  • この記事を書いた人
福田優基

ゆうき先生

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-イスクラ, 目の疲れ、耳鳴り

© 2021 東大阪市の福田漢方薬局