漢方の勉強会記録

メタボリックシンドローム勉強会@大阪

大阪のチサンホテルで行われましたメタボリックシンドロームの勉強会に行ってきました。

包海燕先生は内蒙古医科大学を卒業された先生です。
合併症の対策を中心に、特に糖尿病の症状と漢方薬での対策についてお話しされました。

糖尿病発病には4段階あり、
春(鬱):六鬱[食・気・血・痰・火・湿] 肥満、痩せ
夏(熱):肝・胃・腸・肺
秋(虚):気虚・血虚・陰虚・陽虚
冬(煩):絡病
に気をつけて漢方薬を検討して欲しいとのことでした。

  • この記事を書いた人

ゆうき先生(福田優基 薬剤師[pharmacist]/国際中医師)

漢方を専門に学ぶ薬剤師。大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-漢方の勉強会記録
-