ストレス 漢方処方

加味逍遙散(かみしょうようさん)はこんな人に効きます

更新日:

加味逍遥散。本当に日本人にはよく合う処方だと思います。「友達との喧嘩を思い出して落ち込む」タイプことはありませんか?あとで思い出して、あー、あんなこと言わなければ良かったな。翌日起きても気が重い。そんな方へ漢方処方です。

時々、ストレスが強くても「キレる、手が出る、文句を言う」発散型は、別の処方がありますのでそちらがいいかもしれません(^-^;;;; また別の処方を併用することが多い処方でもあります。漢方的には、逍遥散類「気血両虚・肝気鬱結」の代表処方といわれます。

加味逍遥散

逍遥散の構成生薬:

逍遥散は、疎肝解鬱の柴胡・芍薬+薄荷、補血の当帰・芍薬、健脾の白朮・茯苓・生姜・甘草、と健脾の処方がしっかりと入っているのもポイントです。

「怒り・落ち込み」の症状の改善だけなら病院の抗うつ剤・抗不安薬が良く効くと思います。それでも漢方を服用してもらうと「西洋薬より良く効いた!」という方がおられます。それは、今まで悪かった状況を改善したから。漢方は「全身の状況を改善するようにバランス良く処方されている」ため、西洋薬よりも改善を体感できる場合もあります。

加味逍遥散の効能効果:

加味逍遥散の添付文書には下記のように書かれています。

加味逍遥散:体力中等度以下で、のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状、ときに便秘の傾向のあるものの次の諸症: 冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症注)、不眠症(ツムラ)

これだけを読むと何でも効果がある処方に思えますが(^-^;;; 基本は「憂鬱感・イライラ・怒りっぽい」などの肝気鬱結の症状がポイントです。ただの疲れ、肩こり、そういった症状だけでしたら別の処方の方が効果的です。

逍遥散と加味逍遥散。使い分けは?

逍遥散の柴胡・当帰・芍薬・茯苓・白朮・甘草・生姜・薄荷にからだの熱を取る牡丹皮・山梔子を足したのが加味逍遥散(別名:丹梔逍遥散)です。

  • 火照り感が強い・興奮が強い・微熱がある=加味逍遥散
  • 特に熱感が無い=逍遥散、逍遥丸

と使い分けますがそれほど気にしなくても「どちらでも大丈夫」なタイプもおられます。身体に合った処方を使って、毎日を健康に!

  • この記事を書いた人
youz

ゆうき先生

大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-ストレス, 漢方処方
-,

Copyright© 大阪の福田漢方薬局|漢方家族.com , 2018 All Rights Reserved.