イスクラ

星火亀鹿仙の飲み方

投稿日:

星火亀鹿仙はエキスをパッケージに封入している処方です。その服用方法をご紹介します。星火亀鹿仙の処方についてはこちらに記載しています。

亀鹿仙

 スティック1本が1回分。一箱が60本入りです。 1日2回で1箱1ヶ月分を想定していますが、1日1回の服用などをお勧めしていることもあります、ご相談くださいね。新しいタイプで、同じようにエキスを封入している処方として、松浦製薬の芍薬甘草湯・麦門冬湯などがあります。

2015030602

 内容エキスはドローッとして濃い蜂蜜のような感じ。味も濃い蜂蜜がちょっと苦くなった感じ。それほどまずいわけではありません。飲みやすいです。ただ、溶かすと良くありません。亀板の臭さを感じます。そのまま常温でチューチューが一番飲みやすいです。

2015030603

星火亀鹿仙の特徴として「生薬を煎じてから封入まで」を一貫して生産している、という事が挙げられます。このあたりも気に入っている点です。詳しい説明は↓↓↓↓に。

2015030604

濃縮還元オレンジジュースを思い出してください。ジュースを工場で作って別の工場に移動するとき。輸送コストがかからないように通常は「乾燥させたり濃縮したり」して容積を減らします。輸送コストダウンに貢献する技術ですが、残念ながらこのときに成分が変質することがあります。星火亀鹿仙は「できるだけフレッシュな状態で届けたい」ということで亀板を作っている工場で封入作業をしているとのことです。

  • この記事を書いた人
youz

ゆうき先生

大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-イスクラ
-

Copyright© 大阪の福田漢方薬局|漢方家族.com , 2018 All Rights Reserved.