生理痛・月経不順

生理痛でセルフチェック→不妊症のヒント

投稿日:

なかなか不妊相談に行けない、という方のために「生理痛」でのセルフチェックを。不妊治療には生理痛(月経痛)の状態も大切なヒントになります。生理痛はみんな同じ・・・かといえば、そうではなく、それに付随した症状があり、そこを見極めることで体質がよくわかります。

漢方で考える生理痛とは?

生理痛は血の動きか滞った状態の「瘀血(おけつ)」が原因と考えられます。瘀血を改善することと一緒に、それになった原因、付随する原因をさらに4つに分けて検討します。

  • 血寒血瘀 (けっかんけつお)
  • 気滞血瘀 (きたいけつお)
  • 気血両虚血瘀 (きけつりょうきょけつお)
  • 血熱血瘀 (けつねつけつお)

DSC08606

血寒血瘀とは、お腹や腰回りの冷えによって悪化する生理痛のこと。身体を温めると楽になるタイプです。

気滞血瘀とは、ストレスが溜まって悪化する、生理前に胸やお腹が張るなど、気の流れが滞って悪化するタイプです。

気血両虚血瘀とは、栄養が足りず血が滞る、例えばすぐに眠くなる、疲れているなどのタイプです。

血熱血瘀とは、食生活が辛いものが多かったり、アルコールを取りすぎたり。生理前には寝付きが悪いなど交感神経が興奮しがちなタイプです。

それぞれのタイプ、もちろん複合していることがありますが、それらを改善する様に処方を決めていきます。例えば、血寒血瘀なら温める処方の参茸補血丸、海馬補腎丸など。気滞血瘀なら加味逍遥散、柴胡疎肝散、香蘇散を使うこともあります。気血両虚血瘀なら、十全大補湯、麦味参顆粒、帰脾湯など、血熱血瘀なら清営顆粒、防風通聖散、白虎加人参湯などを使うことも。これらに併用して、瘀血を改善する処方、冠元顆粒・血府逐瘀丸・桂枝茯苓丸などを検討します。

中医学では「女性の先天は血である」と言われています。血を補い全身に巡らせることが大切。今回は「瘀血(血の滞り)」という観点からお話しをしましたが、その材料になる血が不足する場合は、血虚を考えて婦宝当帰膠という処方を検討していきます。

  • この記事を書いた人
youz

ゆうき先生

大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-生理痛・月経不順
-, , ,

Copyright© 大阪の福田漢方薬局|漢方家族.com , 2018 All Rights Reserved.