07 店主の活動記録

4月8日の花祭りに、甘茶の飲み方

更新日:

4月8日の花祭り。お釈迦様の誕生日です。花祭りでは、甘茶の煎じ液を仏像にかけたり、飲用する風習があります。当薬局では生薬メーカーから、農薬など検査済みの甘茶(アマチャ)を取り扱っています。お寺さんの注文で取り扱うようになったのですが、3月末には品薄になりますので、確実に入手するためには3月中旬迄にはご予約ください。「甘茶の金額は、こちらをご覧ください」

 

アマチャ

これが甘茶です。揉んで発酵させるお茶なので烏龍茶のような感じです。

急須でアマチャを飲む場合:

ひとつまみ(1~2g)を急須に入れて、熱いお湯を入れます。しばらく蒸らしてから(1~5分)、服用してください。アマチャの量が多くなると苦くなります。「甘茶を入れたら苦いですね」という問い合わせがありますが、入れる量が多いからです(^-^;;;; まず少量をお試し頂きまして、お好みにあわせて急須に入れる量などを増やしてください。

アマチャをヤカンなどで煎じる場合:

1リットルあたり5~20gをヤカンに入れ、沸騰してから5~20分煎じます。お好みにあわせて煎じてください。これもまず試しに少量から始めて、好みに合わせてヤカンに入れる量を調整してください。

甘茶とは?

甘茶は、アジサイと同じユキノシタ科の植物です。アジサイと同じような花を咲かせる植物です。生の葉からは甘みを感じることはありませんが、お茶として発酵させることで甘みが出てきます。

自分で作ってみるときはこちらのサイトを参考に、甘茶の作り方と飲み方:自然生活 

これは、発酵することで、甘み成分の「フィロズルチン配糖体」の糖が外れることによります。この甘み成分はショ糖ではないため、血糖値を上げることがありません

※同じユキノシタ科でも、アジサイは有毒です。野山で採取して服用しないようにしましょう。アジサイには毒がある - 化学者のつぶやき -Chem-Station-

  • この記事を書いた人
youz

ゆうき先生

大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-07 店主の活動記録
-,

Copyright© 大阪の福田漢方薬局|漢方家族.com , 2018 All Rights Reserved.