更年期、血の道症

「嫁さんの顔が穏やかになりました」夫が服用させた漢方とは?

更新日:

「嫁さんの顔が穏やかになりました」

先日、来店されたご主人様の「台詞」です。いままで、イライラしやすくて、細かいことをしつこく追求していた奥様。ご主人様が「これは困った」ということで、お友達からのご紹介を受けて、ご来店いただきました。

漢方薬を服用して1ヶ月。再来点の時にご主人様が「嫁さんの顔が穏やかになりました」と。相談机にすわってすぐにお話しいただきました。もちろん、喧嘩はまだするらしいですが。

最近では、奥様の強烈な生理痛も改善してきたらしく。イヤイヤ飲んでいた漢方も、服用するのが楽しくなってきた、とのことでした。 

鬱証:気が滞るとイライラに

漢方の気血水学説(理論)では、「目に見えない気」「目に見える血水」が全身を巡っていると考えます。気とは、「目に見えないエネルギー」と訳せば、わかりやすいでしょうか。

日本語には、「気」を使う言葉がたくさんあります。例えば、気が詰まる、気が進まない、気が滅入る、気がかかりなど。 

「気」は、川のように流れているのが正常ですが、何らかの原因があると、流れが滞って詰まったり、少なくなったり。そして、症状に表れます。

utusyou01

気の流れが滞ると、「血水」の失調が起こります。エネルギーが、モノ(血水)に影響を及ぼすと、痛みや疲れなど、体調の変化が現れます。ストレスによって胃が痛くなる、頭が痛くなる、のは一般的です。さらに、イライラや不眠であったり、冷えであったり。冷えのぼせであったり。口が渇いたり、動悸がしたり。 

肝鬱(気の流れの停滞)がひどい場合は、女性なら生理の状態に強く表れます。例えば、月経不順、生理痛、PMS(月経前のイライラ)がひどくなる方もおられました。 また、別の側面から見ると、「心・脾」に影響が出やすくなります。

  心:ちょっとしたことで涙が止まらない、小さな不満だけで大爆発。
  脾:食欲不振、口の中に唾液が湧く、胸のあたりがもたれる。

といった症状など。 これらの症状は、気の流れ、が停滞したことが原因です。そう、改善できるのです。もし、病院を受診して「不眠なんです」→睡眠導入剤を処方される。「生理痛が酷いんです」→痛み止めを処方される。こんな対処療法では治る状況も治りません。

もともと病気ではなかったのです。「気」が詰まっていただけ。漢方では、疏肝解鬱といって「気の流れを整える」ことが出来ます。その上で、効果のある漢方を加えて改善していきます。睡眠導入剤はお守り代わりに持っていて、辛いときだけ使って下さいね。そうお話しをさせていただきました。

  • この記事を書いた人
youz

ゆうき先生

大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-更年期、血の道症
-,

Copyright© 大阪の福田漢方薬局|漢方家族.com , 2018 All Rights Reserved.