大阪の福田漢方薬局|漢方家族.com

不妊相談(妊活・第二子不妊・不育症・高齢妊娠)、痛み(腰痛・膝痛)、更年期障害などのお悩みを漢方で解決。メール相談、通信販売など、各種漢方メーカー(ツムラ・小太郎・イスクラ・松浦)の処方を取り扱う大阪の漢方薬局です。

*

参茸栄衛丸(さんじょうえいえいがん)[廃番]

      2016/01/30

2015年末でメーカーより廃番となる旨連絡がありました。代替え商品として帰脾湯(心脾顆粒)+ミンハオ、若しくは帰脾湯+霊鹿参をお勧めしています。

ストレス、疲労によって眠れない、睡眠の障害に

参茸栄衛丸は、帰脾湯の加減に補腎益精の「琥珀」「酸棗仁」を配合した処方です。胃腸の機能が低下し元気のない脾気虚、朝がなかなか起きられない、からだがだるいという腎陽虚、そして、心血不足による、眠りが浅い、不安感がある、不眠、という症状を持つ方に適しています。

 

※写真は旧桐箱タイプのパッケージです。現在は、黒色の箱になっています。
※2011年より価格が変更になります。10丸入り8400円(税込)になります。
※蝋皮丸という特殊な剤型です。 

商品名  参茸栄衛丸(さんじょうえいえいがん)
ジャンル 第二類医薬品
内容量  10丸入り
商品単価  8400円(税込)
ポイント  ストレス社会に適した処方です。特に、疲れが溜まったために、睡眠などに障害が出ている、もしくは老化などで不安感や不眠症を起こした方にお勧めします。
販売元 松浦製薬株式会社
摂取方法など 外側の蝋を割り、丸剤の外側のセロファンをはがして、1日1~2丸朝夕に、もしくは1日1丸を夕方に服用してください。

医薬品は注意事項を読み服用してください。
体調の変化がありましたら必ずご相談下さい。
商品名 参茸栄衛丸(さんじょうえいえいがん)
分類 [ 第二類医薬品 ]
特徴 参茸栄衛丸は、滋養強壮に効くことでよく知られている人参、鹿茸をはじめ、リュウガンニク、ニクジュヨウなど
15種類の生薬を配合した滋養強壮薬です。
虚弱体質、肉体疲労などにお勧めします。
効能

次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振

用法・用量

1日1~2回、朝と晩又は晩に1回1丸を温湯にて服用してください。
服用の際、白蝋を割り丸剤を包んでいるセロファンを剥離して、そのままかじるか、又は小さく切ってオブラートに包んで服用してください。
服用の直前直後は、生ものや冷たい飲食物の摂取を避けてください。

成分・分量

本品2丸中

〔成分〕ニンジン(人参)〔分量〕900mg

〔成分〕ニクジュヨウ(肉蓉)〔分量〕750mg

〔成分〕ブクリョウ(茯苓)〔分量〕1,200mg

〔成分〕カシュウ(何首烏)〔分量〕225mg

〔成分〕ジオウ(地黄)〔分量〕750mg

〔成分〕サヨウ(鎖陽)〔分量〕450mg

〔成分〕トウキ(当帰)〔分量〕600mg

〔成分〕トチュウ(杜仲)〔分量〕750mg

〔成分〕オウギ(黄耆)〔分量〕450mg

〔成分〕ロッカク(鹿角)〔分量〕1,200mg

〔成分〕ロクジョウ(鹿茸)〔分量〕900mg

〔成分〕コハク(琥珀)〔分量〕450mg

〔成分〕サンソウニン(酸棗仁)〔分量〕750mg

〔成分〕チンピ(陳皮)〔分量〕1,500mg

〔成分〕リュウガンニク(竜眼肉)〔分量〕1,500mg

添加物としてハチミツを含有します。 

使用上の注意

1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)熱のある人
(4)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人

2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
【関係部位】皮ふ
【症状】発疹・発赤、かゆみ

【関係部位】消化器
【症状】悪心・嘔吐、食欲不振、胃部不快感

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
【症状の名称】偽アルドステロン症
【症状】尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる。

(2)しばらく服用しても症状がよくならない場合

3.次の症状があらわれることがありますので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。
下痢

 

 - 疲労、虚弱体質 ,