大阪の福田漢方薬局|漢方家族.com

不妊相談(妊活・第二子不妊・不育症・高齢妊娠)、痛み(腰痛・膝痛)、更年期障害などのお悩みを漢方で解決。メール相談、通信販売など、各種漢方メーカー(ツムラ・小太郎・イスクラ・松浦)の処方を取り扱う大阪の漢方薬局です。

*

イスクラ天津感冒片(てんしんかんぼうへん)

      2014/06/21

喉がイガイガっ?!ときたら天津感冒片

※2013年よりプラスチック瓶タイプからPTPシートに戻りました。

天津感冒片てんしんかんぼうへんは連翹・金銀花・羚羊角などの植物・動物10種類の生薬から構成されております。これらの原料により抽出したエキスを錠剤としたもので、かぜによるのどの痛み・口(のど)の渇き・せき・頭痛などの改善を目的としております。 

中国で生まれた処方で、精製銀翹解毒片ぎんぎょうげどくへん羚翹解毒丸れんぎょうげどくがんといわれています。温病を治すために作られた銀翹散の芦根をとり清熱解毒の羚羊角が加味された処方です。風邪の初期のイガイガとしたときに服用すると効果は高く、季節を問わずに使える漢方薬です。日本人は喉が弱く、喉の炎症から風邪が始まることが多いため、天津感冒片で初期の風邪を撃退することで、寝込んでしまうことを防ぐことが出来ます。 2010年末にイスクラ天津感冒片としてリニューアルしました。(錠剤の色が白色に変わっています)

天津感冒片

 

商品名  イスクラ天津感冒片
ジャンル 第二類医薬品
内容量  72錠パック (18粒/日が1シートで4シート)
商品単価

72錠 1800円(税抜き)
144錠 3600円(税抜き)
1080粒 25000円(税抜き)

ポイント 喉のイガイガ、熱性の風邪に
販売元 イスクラ産業株式会社
服用量について
変更点併記

成人(15歳以上)1日12錠→18錠(1回6錠)

7歳~15歳未満 1日6錠→9錠(1回3錠)

1錠重量 0.39g→0.42g
コーティング方法

糖衣錠→フィルムコーティング

※瓶からPTPシートに変更になりました

摂取方法など 規定量をぬるま湯で服用してください。
添付文書はこちらをクリック
 

医薬品は注意事項を読み服用してください。
体調の変化がありましたら必ずご相談下さい。
商品名 イスクラ天津感冒片
分類 [ 第二類医薬品 ]
特徴 イスクラ天津感冒片」はレンギョウ・金銀花・羚羊角などの植物・動物10種類の生薬から構成されております。これらの原料により抽出したエキスを錠剤としたもので、かぜによるのどの痛み・口(のど)の渇き・せき・頭痛などの改善を目的としております。
効能

かぜによるのどの痛み・口(のど)の渇き・せき・頭痛

用法・用量

次の量を、1日2~3回服用して下さい。
  [年齢]    [1回の服用量] [1日の服用回数]
 15才以上      6錠宛      2~3回
 5才以上7才未満   3錠宛      2~3回

成分・分量

本品1日量18錠(7.56g)中、下記成分及び分量の生薬より製した天津感冒片エキス4.7gを含有します。
金銀花(キンギンカ)……4.26g
レンギョウ………4.26g
カンゾウ…………2.56g
キキョウ…………2.56g
タンチクヨウ…………1.70g
ハッカ……………2.56g
タンズシ……………2.14g
ケイガイ…………1.70g
牛蒡子(ゴボウシ)………2.14g
羚羊角(レイヨウカク)…0.13g
 

添加物として、トウモロコシデンプン、ポリビニルアルコール、酸化チタン、タルク、大豆レシチン、マクロゴール4000、キサンタンガムを含有します。

使用上の注意

■■相談すること■■
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
 (3)胃腸の弱い人
 (4)高齢者
 (5)今までに薬によるアレルギー症状(例えば発疹・発赤、かゆみ、ぜんそく等)
    を起こしたことがある人
 (6)次の症状のある人
    むくみ
 (7)次の診断を受けた人
    高血圧、心臓病、腎臓病

2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して
  下さい。
 (1)服用後、次の症状があらわれた場合
  [関係部位]  [症 状]
   皮 ふ     発疹・発赤、かゆみ
   消化器     悪心、食欲不振、胃部不快感
   その他     ぜんそく
  まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療
  を受けて下さい。
  [症状の名称]  [症 状]
  偽アルドステロン症 尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、
            手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる。
 (2)数日間服用しても症状の改善がみられない場合

3.長期連用する場合には、医師又は薬剤師に相談して下さい。 

 

 - イスクラ, 風邪・咳・気管支炎 ,