性と活力

遺精(夢精)と漢方薬

更新日:

夢精と遺精

男性の「精」のご相談は色々とご相談がありますが、そのなかでも遺精の相談は1年間に数回はあります。遺精のご相談の傾向として、13~16歳の青年期、疲労感のひどい若い男性か、お年を召した男性に多く感じます。

性行為やマスターベーションによらずに射精してしまうことを遺精と呼びます。夢精はこのなかで睡眠中にみられるものを指します。goo

漢方薬の体質改善作用や精神安定作用、自律神経調節作用などを通じて、症状が改善する場合も多くみられます。

漢方薬と夢精と遺精

症例1 *当薬局例)

30代男性 夏の終わり頃に来店。主訴は夢精胃腸虚弱あり。食欲が無くなってきた。やせ形。

屋外で体力を使う職業だが疲労感が抜けない、夏より夢精が続いている(1ヶ月程度、週に数回)。目眩あり。その他自覚症状として気になる点はない(略

弁証論治:心腎不交・脾気虚 (一部略
処方:桂枝加竜骨牡蛎湯+α

結果:2週間程度で夢精が無くなったとの連絡がありました。その後も胃腸虚弱を治して体力が元に戻るまで、ということで処方を変えつつ継続して終了となりました。

症例2 *参考文献参照)

29歳 主訴は不眠頭痛、遺精
不眠、頭部疼痛、時に目眩。夜間はだるく、寝付けず、入眠すれば盗汗、多夢、遺精あり(中略)

弁証:陰虚陽旺・心腎不交
治法:滋陰益腎・平肝濳陽・固渋下元

処方:挹神湯加減※
※ 独自処方で日本のエキスにはありません。天王補心丹+αなどをお薦めしたいと思います。これも体の疲れなどによるもので、不眠によりからだが疲労し、始終興奮するという悪循環になっていた、と考えられます。

192s1

漢方薬のその他の処方

その他、年齢や体調、体質を考えて、海馬補腎丸などの補腎薬を使うことが多いです。症状によって変わりますので、ご相談の上漢方薬をお使いください。
参考文献:症例から学ぶ中医学弁証論治

  • この記事を書いた人
youz

ゆうき先生

大学卒業後、東京・高知の漢方薬局にて漢方を研鑽。漢方薬局の二代目として大阪に戻る。このサイトでは、身近な漢方であるようにと「分かりやすい言葉」で説明するように心がけています。

-性と活力
-,

Copyright© 大阪の福田漢方薬局|漢方家族.com , 2018 All Rights Reserved.